注目キーワード
  1. 堤防
  2. 深海
  3. 宇宙
  4. SF
  5. 人間ドラマ
対決を通しての親子関係の安定

対決を通しての親子関係の安定

対決を通しての親子関係の安定

愛し方、愛され方の分からない人は、力の強さや格の高さなど、周りより優れることによって、周囲の愛情や尊敬を勝ち取ると錯覚しています。 子どもに対しても、常に親が優れることで、子どもの方から従うと思い込んでいるので、弱みなど決して見せませんし、批判も許しません。 子どもに舐められまいと威嚇したり、あるいは、子どもを貶めて無力化したり、親が優位に立つことで、子どもをコントロールします。こうした親にとって […]

続きを読むにはパスワードの入力が必要です
詳しくは、有料マガジンとパスワード保護コンテンツについてをご参照下さい。


この記事の公開URL: https://note.mu/poetry/n/n4f7f1a28ca21

この記事は有料マガジン『親の死を願う子供たち』に収録されています。
有料マガジンを購入すれば、マガジンに収録されている全ての note が読み放題です。
課金は一回きり、500円です。

【マガジン詳細】
あなたのお子さん、夜中に「親 死ね」「親 殺したい」と検索していませんか? 『親殺し』に関する記事に殺到した『親 死んで欲しい』『親 殺したい』のキーワードから、なぜ彼らは親の死を願い、殺したいと考えるのか、子どもの自立とは何かを解説。ベースになっているのは、河合隼雄氏の『家族関係を考える』とギリシャ悲劇『オイディプス』です。内面的な親殺しと子どもの自立に関する育児コラムです。
親の死を願う子供たち

Tags: , ,

Love & Lifeの関連記事

17歳のオイディプス

十七歳は、世の中のこともよく知らず、心を処す術も知らない、オイディプスと同じです。若いエネルギーを持て余し、自分らしく生きる道を渇望しています。では、彼らがこの葛藤を克服し、成熟した大人になるには、どうすればいいのでしょうか。

相手の為に、いつでもドアは開けておく

誰かが出て行けば、違う誰かが入ってくる 人間関係を円滑にするコツは、 「苦しくなったら、あなたはいつでも私のもとから去っていい」 というスタンスです。 そんなことをしたら、みんな、私から離れていく……と不安になることはありません。 いつでも […]

毒親に苦しんだあなただからこそ、出来ることがある ~書籍『親の死を願う子供たち』のあとがきより~

現代は様々なツールやサービスが向上した分、いろんな物事が数値化、もしくは可視化され、合わない人にはだんだん生き辛い世の中になっているように感じます。  私が高校生の頃にも、学校カーストやドロップアウトは存在しましたが、一人一人が携帯電話をも […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG