MENU

傷つけ合わない親子関係など無い ~心が寄れば、擦り合うのは当たり前

2020 3/02

あなたに知って欲しいこと

子どもが親に腹を立てるのも、あなたが子どもの態度に傷つくのも、それだけ心が近い証拠です。誰よりも近く、愛を求める関係だから、思う通りにならなかった時の怒りや失望が大きいのです。見方を変えれば、触れ合う部分があるうちは関係修復のチャンスもあります。本当に冷め切った関係は怒りも失望も感じない、ただの無関心です。

親子は仲が好いにこしたことはないですが、怒りもすれば憎みもするのが愛の別の一面です。

隣のおじさんに嫌なことを言われたからといって、全力で憎む人など皆無でしょう。

なぜって、元から興味も関心もないからです。

しかし、親子は切っても切れない関係だから、愛憎も倍増するのです。

そもそも愛とは何でしょう。

いつも優しく相手を思いやる気持ちでしょうか。

誰より好きなら、愛と呼ぶのでしょうか。

私は、愛というものは、「好きな気持ち」ではなく、許しの中にあると思っています。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

note.com マガジンのご案内

この投稿をnote.comで見る → https://note.mu/notes/na545b7b3e01a

noteで配信している読み切りタイプのマガジンです。マガジンの詳細はこちら(note.com)

目次
閉じる