国際恋愛 ~宗教の違いをどう乗り越えるか

以下の文章は、メルマガ『外国人に恋してしまったあなたへ』に寄せられた読者さんからのお便りです。個人情報が分かる箇所は私の方で編集しています。「宗教」「戦争」をテーマにした配信に対するレスポンスです。

なお、『イスラム教徒の彼』が登場しますが、2003年の体験談です。
現在とは事情の異なる点もあると思いますので、よろしくご了承下さい。

*

国際恋愛は、言葉、習慣、国柄…etc…の問題(いろいろあります)

でも、言葉なら、自分が頑張れば何とかなるかも知れません。私と彼の共通語はフランス語です。つたない私のフランス語も、日々、彼との会話で上達しつつあります。習慣なども、お互いが理解し合えるようになれば、なんとかなるかも知れません。<でも、これは、どちらかが大きく理解してあげて折れてあげないと難しいですよね>

私は、このどれにも当てはまらない宗教…という問題を抱えています。

彼とは、もう4年近く付き合っていますが、私たちには先のない交際です。…というのも、彼の宗教上の事で、私達は結婚が出来ません。今、こうして付き合っている事すら、本来は罪となり、許されないことなんです。

彼はイスラム教徒。<私は無宗教> 

イスラム教では、仏教や無宗教の相手とは、結婚出来ません。恋愛すら罪になります。答えは無いわけではありません。私がイスラム教か、キリスト教やユダヤ教などに入信すれば可能なんです。でも、生まれて何十年も神様を信じてない人が、では信じます!という訳には行きませんよね。

全文を読むにはパスワードを入力して下さい

有料マガジン購入者向けのコンテンツです。詳しくは「有料マガジンとパスワードについて」をご参照下さい。

シンガーソングライターの小椋佳は定年まで銀行員を勤め上げた。
人の心に触れる曲を作るには、人間社会との関わりが不可欠であることを知っていたからだ。
売れっ子でも、だんだん作品がつまらなくなるのは、内輪の世界に閉じてしまうから。
パートやボランティアや結婚生活等で人間社会の勉強を続けているアーティストは長続きする。

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedで公開中。冒頭部の無料PDFもあり。

CTR IMG