【詩】Respiration 心が息をするように ~淋しい人のために

Respiration 心が息をするように
『Respiration』とは「呼吸」の意味です。
心が息を吐き出すように綴った詩を掲載しています。
いずれも1998年から2000年頃にかけて書いた詩です。
目次

darkness 闇もまた優しい -Respiration Ⅰ-

陽が当たりそうで 当たらない
そんな暗闇を生きている

生きることに意味があったのは
言葉も知らぬ 無垢な頃

何が私を変えたかは
もう遠い昔のことなので
語る気にもなれない

せいぜい
渇いた道すがら
蜃気楼のように
夏の陽を思い出すぐらいで

…そうして私は 幾度も闇に落ちる
悲鳴など上げもせず
落ちて行く

闇もまた優しい
すりきれた私には

希みを持つことも
忘れさせてくれる

初稿:2000年秋

ピアノの演奏 音を表現するということ

The Moon -Respiration Ⅱ-

月が私を見ている
赤い歯を剥き出しにして
何をそんなに笑うことがあるの
私は今日を生きるのに精一杯・・

私もお日様になりたかった
明るく世界を照らす陽に

だけど私は凍てつく夜の影
自らは輝けぬ星
光を投げかけられねば
生きて行けない

カーテンの隙間から
月が見ている
ソファ横たわる私の姿を
涙に濡れた冷たい寝顔を

初稿:2000年秋

【詩】 Respiration 心が息をするように ~淋しい人のために

私はあなたの心に映る影

どうぞ、私の言葉の上を通り過ぎてください。

私は名前もなく
実体もなく
あなたの心に映る影だからです

どんな風にでも解釈してください

怒り
戸惑い
嘆き
羨み

それは私の感情ではなく 
あなたの感情だからです

そして、あなたの感じたことを大切にしてください

あなたが私の言葉に何かを感じた時
私が初めて姿を現すからです

私はあなたの心に映る影

Angel ~嘆きの天使~

人を信じ、世界を慈しみながらも
その裏側で
世界など滅んでしまえばいいのに、と願う

Angel
誰よりも人間を知るが故に
人々の幸せを願いながらも
ノアに方舟を作らせ
地上を水で洗い流した神様の気持ちが
よくわかる

Angel
誰よりも人間を信じるが故に
時に裏切られ
時に失望しながらも
人を愛さずにいられない

彼ら 御使いの白い翼は
とおに擦り切れてしまったというのに

初稿:2000年 秋

Angel 嘆きの天使

淋しい祈り

悲しすぎる夜
私は力なく神の門をたたく

それで明日が
変わるわけではないけれど

誰かの耳には 
聞き届けられるような気がして

初稿:2000年

Too Sad 空しい祈り

言葉

言葉は 時に 病的に
私に襲いかかる

だけど それは
私がPure だからではなく
泥も光も あわせ持った
生々しい生き物だから

ここではない何処か
この世を離れた何処かへ
今すぐ飛んで行こう
心が新しいうちに

言葉が死なないうちに

初稿:2000年

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる