NO IMAGE

全ては悦楽に至る道筋

NO IMAGE
[su_quote cite=”曙光“]  
だが、今なら生の意味がはっきりと分かる。この命が何の為にあるかも。
失おうと、挫けようと、人生においては一つのプロセスに過ぎない。
心に感じること、考えること、その一つ一つが命の営みだ。たとえ、それが不運でも、いつかは生きる糧となり、幸福への踏み台となる。
泣き、笑い、一瞬一瞬を全力で体験する、そのこと自体に意味があるのだ。
そして、いつの日か志を果たした時、その航路を振り返って思うだろう。
全ては悦楽に至る道筋だったと。
幸福というなら、命そのものだ。
禍福も突き抜けて、いつしか愛の高みへと到達することが人生の真の価値なのだ。

–自らと世界を愛することを知る–
[/su_quote]

関連する記事

[su_posts template=”templates/list-loop.php” posts_per_page=”5″ post_type=”post,morgen,poetry” taxonomy=”post_tag” tax_term=”205″ order=”desc” orderby=”rand”][su_spacer][su_label type=”info”]タグ[/su_label] 曙光の言葉

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

くらげ

時が過ぎ、秋が深まる頃には、波に運ばれて、別のものに生まれ変わるのだろうか?それとも、海の見える所にずっと身を横たえたまま、少しずつ砂の上に崩れていくの──?

花嫁

君は逆立ちしても『普通の娘』にはなれないよ。 生まれも育ちも、そこいらの女の子とは違う。 たとえ量販店の服を着て、港町のスタンドバーでビールを飲んでも、君が普通でないのは誰の目にも分かる。 俺の母もそうだった。運河沿いの小さな家で暮らしてい […]

NO IMAGE

陽が当たりそうで 当たらない そんな暗闇を生きている 生きることに意味があったのは 言葉も知らぬ 無垢な頃 何が私を変えたかは もう遠い昔のことなので 語る気にもなれない せいぜい 渇いた道すがら 蜃気楼のように 夏の陽を思い出すぐらいで […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG