NO IMAGE

全ては悦楽に至る道筋

NO IMAGE
[su_quote cite=”曙光“]  
だが、今なら生の意味がはっきりと分かる。この命が何の為にあるかも。
失おうと、挫けようと、人生においては一つのプロセスに過ぎない。
心に感じること、考えること、その一つ一つが命の営みだ。たとえ、それが不運でも、いつかは生きる糧となり、幸福への踏み台となる。
泣き、笑い、一瞬一瞬を全力で体験する、そのこと自体に意味があるのだ。
そして、いつの日か志を果たした時、その航路を振り返って思うだろう。
全ては悦楽に至る道筋だったと。
幸福というなら、命そのものだ。
禍福も突き抜けて、いつしか愛の高みへと到達することが人生の真の価値なのだ。

–自らと世界を愛することを知る–
[/su_quote]

関連する記事

[su_posts template=”templates/list-loop.php” posts_per_page=”5″ post_type=”post,morgen,poetry” taxonomy=”post_tag” tax_term=”205″ order=”desc” orderby=”rand”][su_spacer][su_label type=”info”]タグ[/su_label] 曙光の言葉

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

アフシュライトダイク

『夢を叶えたい』という人はたくさんいる。 だが、その為に行動する人は少ない。 人生は夢を叶える過程そのもので、夢そのものが人生の目的ではない。 どんな夢を見ようと、どんな夢が叶えようと、 人生の最後に残るのは、自分が何を為したかという思い出 […]

雲

人生は あなたの神様に出会う旅 目を閉ざして 耳を澄ませば 遠く 空の彼方から あなたを見守る あたたかな眼差しに気付くはず 神様は あなたが来るのを待っている あなたが道を歩ききり あなただけの答えをもって 天国への階段を  ゆっくり 静 […]

人間にとって本当の幸せは自分を肯定できること

人間にとって本当の幸せは、自分自身を肯定できることだ。生きること、存在すること、悩み苦しみも含めて、自分の人生を心から愛せることだよ。その想いは、いつか君にこう叫ばせる。『これが生だったのか。よし、それならもう一度!』。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG