注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
施工管理の面白さ ~箱が生活の場を作り、人が集まれば社会が形成される

施工管理の面白さ ~箱が生活の場を作り、人が集まれば社会が形成される

施工管理の面白さ ~箱が生活の場を作り、人が集まれば社会が形成される

建築は公共の芸術

建築というと、一般には独創的なアートをイメージしますが、本当に優れた建築は個人の得手勝手な作品ではなく、常に人々と共にあるものです。その地に暮らす人、その建物に住む人、人間を無視して、何でも素敵なものを作ればいい……というものではありません。『安藤忠雄の連戦連敗』にも書いているように、優れた作り手は常に人と社会を見つめ、その未来を考えています。数十年先、数百年先まで、社会や人生の礎となる責任があるのです。

本作では、デフォルメされたキャラクターとして、有名建築家のフランシス・メイヤーが登場します。彼のデザインは非常に素晴らしいが、人も社会も見ていません。自分のデザインした建築物によって、町や人々がどうなろうが、知ったことではない。それが自分のキャリアに結びつけばいい、という考えです。

対して、ヴァルターは、決して建築の専門家ではありませんが、本質は理解しています。

そんな彼の支えとなるマックスとエヴァも、人や社会と共に歩む建築を志しています。

絵や音楽と異なり、一度作ってしまったものは、そう簡単に取り消せない。

だからこそ、建築に携わる者は、いっそう公共の福祉、人の幸福といったものに高い見識が必要なのです。

【小説の抜粋】 ローランド島 急成長するもう一つの島社会

マリン・ユナイテッド社で働く施工管理士のマックス・ウィングレットとフリーの建築士エヴァの招きで、ヴァルターはアステリアのもう一つの島、ローランド島を訪れる。平坦なローレンシア島と異なり、島面積の80パーセントが山地で占められ、険しいリアス式海岸で囲まれたローランド島では局所的な観光化が進み、商業施設の建設が急ピッで進んでいた。

西側の拠点、ポートプレミエルに近い住宅地サマーヴィルの自宅でくつろぐ傍ら、マックスはポートプレミエル最大の商業複合施設ハーバータウンと高級リゾートホテルの建設現場を見せ、施工管理の面白さを説く。

関連のあるエピソード → 干拓型海洋都市『リング』のプレゼンテーション 価値ある仕事と社会の礎

第三章 【海洋情報ネットワーク】のシリーズ

このパートは海洋小説『曙光』(第三章・海洋情報ネットワーク)の抜粋です。詳しくは作品概要をご参照下さい。

【リファレンス】 斬新なデザインと実際の住み心地

未来の建築デザインも見ていて飽きないですよね。
『絵』としては、どれも斬新で、ユニーク。
絵だけなら、どんどん描けます。
だけども、実際にそこに住み、地元の経済や社会や環境にどんな影響を与えるか……となれば、別次元の問題です。
そのあたりが個人の芸術作品との大きな違いです。

ユニークな形状の未来都市

海辺の別荘 見晴らしは良さそうだが

こんなループが本当に建設できるのか?

第三章 【海洋情報ネットワーク】のシリーズ

このパートは海洋小説『曙光』(第三章・海洋情報ネットワーク)の抜粋です。詳しくは作品概要をご参照下さい。

第二章 採鉱プラットフォーム Googleブックスで試し読み

水深3000メートルの海台に広がる海底鉱物資源を採掘する為、潜水艇パイロットのヴァルターは洋上プラットフォームの採鉱システムを接続するミッションに参加する。採鉱事業を指揮するアルの娘リズは彼に一目惚れするが、彼の態度は素っ気なく..。
Googleブックスで試し読みできます。

初稿: 2019年11月20日 @ 7:06 PM

海洋小説 《曙光》 MORGENROOD
ブックカバー
宇宙文明を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業の攻防と、海洋社会の未来を描く人間ドラマ。心に傷を負った潜水艇のパイロットが、恋と仕事を通して成長する物語です。