バラ 女性

人生はまだ開かぬ薔薇のつぼみ

バラ 女性

人生はまだ開かぬ薔薇のつぼみ

イギリスの誇る詩人ジョン・キーツの詩句、【人生はまだ開かない薔薇の希望】を私流にアレンジしたもので、うちの可愛いミニバラを見る度、いつも思い浮かべる言葉です。

花というのは、発芽する時以上に、開花にエネルギーを要するものです。

硬い種子の殻を破る瞬間も大変ですが、蕾をほころばせ、美しい花を開かせる過程はなお苦しい。

蕾は思った以上に硬く、厳く、“あと一歩”がなかなか突破できないものです。

花を見ていると、葉や根っこから得たエネルギーを、一心に蕾の一点に送っているのがよく分かる。

これでもか、これでもか、というくらい力を入れても、まだ壁を破れない。

中には、そのまま花開くことなく、落ちてしまう蕾もあります。

だからこそ、立派に花開いた姿が、こんなにも愛しく、美しいのでしょう。

硬い種子から芽を吹き、葉を広げ、陽に向かって成長していく過程の集積が「花」であり、そこには生命と創造の輝かしい結晶作用が見て取れます。

それはまた蕾に隠された希望の象徴であり、人は、本物の開花の時期を迎えるまでは、あらゆることに希望がもてる――

また、もたねばならない、ということを教えてくれるのです。

初稿:1999/04/02(金)

Tags: ,

文学・哲学・寓話の関連記事

バラ 女性

人生はまだ開かぬ薔薇のつぼみ イギリスの誇る詩人ジョン・キーツの詩句、【人生はまだ開かない薔薇の希望】を私流にアレンジしたもので、うちの可愛いミニバラを見る度、いつも思い浮かべる言葉です。 花というのは、発芽する時以上に、開花にエネルギーを […]

早坂茂三

奇蹟の秘密は何か。政治音痴の日本人のなかで、角栄だけが政治を理解していたからである。人間洞察の深さにおいて桁違いであったからである。

芥川龍之介 蜘蛛の糸

昔から芥川龍之介の『蜘蛛の糸』には大いなる疑問があります。 もし、カンダタが善い人で、蜘蛛の糸が切れなかったら、その後ろにぞろぞろ付いてきた数十万だか数百万だかの地獄の罪人も、お釈迦様は一緒にウェルカムしたのであろうか……ということです。 […]