バラ 女性

人生はまだ開かぬ薔薇のつぼみ

バラ 女性

人生はまだ開かぬ薔薇のつぼみ

イギリスの誇る詩人ジョン・キーツの詩句、【人生はまだ開かない薔薇の希望】を私流にアレンジしたもので、うちの可愛いミニバラを見る度、いつも思い浮かべる言葉です。

花というのは、発芽する時以上に、開花にエネルギーを要するものです。

硬い種子の殻を破る瞬間も大変ですが、蕾をほころばせ、美しい花を開かせる過程はなお苦しい。

蕾は思った以上に硬く、厳く、“あと一歩”がなかなか突破できないものです。

花を見ていると、葉や根っこから得たエネルギーを、一心に蕾の一点に送っているのがよく分かる。

これでもか、これでもか、というくらい力を入れても、まだ壁を破れない。

中には、そのまま花開くことなく、落ちてしまう蕾もあります。

だからこそ、立派に花開いた姿が、こんなにも愛しく、美しいのでしょう。

硬い種子から芽を吹き、葉を広げ、陽に向かって成長していく過程の集積が「花」であり、そこには生命と創造の輝かしい結晶作用が見て取れます。

それはまた蕾に隠された希望の象徴であり、人は、本物の開花の時期を迎えるまでは、あらゆることに希望がもてる――

また、もたねばならない、ということを教えてくれるのです。

初稿:1999/04/02(金)

文学・哲学・寓話の関連記事

美輪明宏

厳しくも愛のこもった言葉で若い女性にも人気のある美輪明宏のの著書。代表作『愛の話 幸福の話』『地獄を極楽にする方法』『強く生きるために』『天声美語』『光をあなたに―美輪明宏の心麗相談』『人生ノート』『ああ正負の法則』『世なおしトークあれこれ』『乙女の教室』について内容紹介と感想を掲載。本選びの参考にどうぞ。

人間の証明 森村誠一 岡田茉莉子

八杉恭子に人間の心が残っているなら、必ず自白するはずだ。無残に刺殺された黒人ジョニー・ヘイワードと西条八十の麦わら帽子の詩の関連を追う中、棟居刑事は一夏を霧積で過ごした家族の存在を突き止める。戦争直後の混乱と貧困を背景に、人種差別や階級格差を描いた本作は、単なる推理劇にとどまらない重厚かつ社会的な人間ドラマである。

女性

『あらゆるものは通り過ぎる。誰にもそれを捉えることはできない。僕たちはそんな風にして生きている』の一文で知られる村上春樹のデビュー作。小説に現実性を求める人にはイライラするかもしれないが、随所に若い感性と洞察が光る印象的な作品。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG