毎日かあさんの優しさ

「毎日かあさん」の優しさ ~西原理恵子のマンガより~

毎日かあさんの優しさ

皆さま、いかがお過ごしですか。

こちらは例年にない暖冬で、2月というのに雪ではなく雨が降っています。

私は寒いのが苦手なので、このまま一気に春になって欲しいんですけどね。

しかし、子供の間では消化管性の風邪が大流行で、うちも上下ともに嘔吐と下痢を繰り返し、上の子はまたも入院か? というぐらい症状がきつかったのですが、何とか乗りきりました。

しかし、3歳半にもなると、言葉でちゃんと症状を教えてくれるからいいですよね。

気が付いたら吐いている下の子と違い、上の子は「ママ、ゲー」と言いながら、自分で洗面所に走っていくので、「ああ、進歩したなあ」という感じです。

分かりきったことですけど、子供って、1から10までこちらが手取り足取り教えなくても、時期がくれば、だんだん出来るようになるんですよね。

「あれも出来ない、これも出来ない」って、心配する必要ないの。

育児って、結局、日々の生活の積み重ね――車の整備工場みたいに、あれ見て、これして、って、指示書通りに進めていくものじゃないとつくづく感じます。

今でも毎日のやんちゃぶりにはイライラさせられますが、私は、子供が本来持っている『天然力』が大好きですね。

よく「子供は自分の食い扶持は、自分で持って生まれてくる」と言いますけど、「その子が生きるために必要な力は、みんな持って生まれてくる」と言い換えてもおかしくないと思います。

親は、それが自然に花開くのを待つだけ――そんな感じかな。

まあ、今でも日々のやんちゃぶりにはカリカリさせられますけど、ちょっとずつ良くなってきているところです。

最近、ネットの『イーブックオフ』で本を買う機会があったので、育児書の面白いものがないかなと思い、いろいろ調べていたら、こんなカスタマーレビューに出会いました。

全文を読むにはパスワードを入力して下さい

有料マガジン購入者向けのコンテンツです。詳しくは「有料マガジンとパスワードについて」をご参照下さい。

あなたのお子さん、夜中に「親 死ね」「親 殺したい」と検索していませんか? なぜ彼らは親の死を願い、殺したいと考えるのか、子どもの自立とは何かを考えるコラム集。
詳しくは、note.com 「親の死を願う子供たち」をご参照下さい。
親の死を願う子供たち

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimited、Googleブックスで公開中。無料PDFもダウンロードできます。

CTR IMG