池田理代子

結婚して「心が自由になる」ということ 池田理代子の『セイリング』より

池田理代子

漫画家・池田理代子さんの短編に『セイリング』(収録:池田理代子短篇集 (3) (中公文庫―コミック版))という作品があります。

主人公は大学を卒業したばかりで、エリート公務員との結婚が決まっている元崎典子。

婚約者にも気に入られ、式場選びなど準備も着々と進んでいますが、典子はどうしても彼と結婚することに幸せを感じません。

そんな時、ゼミの飲み会で知り合った、フリーカメラマンの香山に心惹かれるようになります。

完全な箱入り娘で、右も左も分からない典子は、香山から教えられたロッド・スチュワートの「セイリング」という曲を聞きながら思います。

I am sailing
I am sailing home again ‘cross the sea
I am sailing stormy waters
To be near you
To be free

I am flying
I am flying like a bird ‘cross the sky
I am flying passing high clouds
To be near you
To be free

『嘘よ……

誰かのもとへ行くってことは束縛されに行くってことよ……
どうして『自由』になるためなの……』



それまで世の中のことなど何一つ知らず、親のすすめるままに結婚相手を選び、自分の意志で何一つ決めたことがない典子。

しかし、香山と深く結ばれることで、典子ははじめて悟ります。

だって、わたし分かってしまったの!

あなたのもとへ行くことがどうして『自由になること』なのか。

自分を解き放ちに行くことなのよ。

あの人のそばで、わたし、生まれて初めて、自分を解き放つことができたように思うの!

池田理代子 セイリング

そして典子は香山と暮らすために家出をしますが、突然、自分のしたことに怖じ気づき、何も言わずに彼のアパートを去っていきます。

予定通り、公務員の婚約者と結婚し、平凡な家庭を築きますが、「どう生きても、人生は一度きり」と、苦い痛みはいつまでも消えないのでした──。

*

おそらく、結婚に「心の自由」を思い描くことができない人は、自由というものを物質的な側面でしか見ていないのかもしれません。

「お金を自由に使える」とか「いつでも好きなことができる」といったことです。

しかし、物質的に自由だからといって、心も自由であるとは限りません。

人と接するのが怖い。

本当の気持ちを話すのが苦手。

心からリラックスして振る舞えない、等々。

自分の好き勝ってに振る舞い、物質面では恵まれても、本当の自分を生きているような気がしない人も少なくないのではないでしょうか。

結婚は、「あなたがあなたらしく居られる場所」を見つける旅です。

そこでは、偽ったり、強がったり、自分を大きく見せる必要はありません。

自分の感じたこと、考えたことを、素直に語っていいのです。

そして、等身大の自分を受けとめてもらえた時、あなたは心を解き放つことの意味を知るでしょう。

自分らしく生きられる場所があってはじめて、人は本来の魅力を発揮することができるのです。


アイテム

 池田理代子短篇集 (3) (中公文庫―コミック版) (文庫)
 著者  池田 理代子
 定価  ¥ 1
 中古 12点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 4.5 (2 件のカスタマーレビュー)

短編集です。

Tags: , ,

アニメ・漫画の関連記事

マリーの哀しみが胸に流れてきた日

「私が一体、どんな悪いことをしたというの?」豪華絢爛なベルサイユ宮殿には、そんなマリーの戸惑いが今も漂っているようにも感じます。邸内も、園庭も、目を見張るほどに豪華だけど、どこか淋しい感じがするのは、落葉のぼんやりとした光を感じさせるからかもしれません。

田中角栄

夜の世界に詳しい私の友人がよく言っていた。 「男は、お金が手に入ると、今度は権力が欲しくなる」 「男の嫉妬は、女の嫉妬とは比べものにならないくらい深く、激しい」 残念ながら、その生々しい現場を見る機会はなかったけれど、「お金はどこまでいって […]

ベルサイユ宮殿

 近頃は、国際人を目指して早期の英語教育も盛んですが、果たして言葉は本当に国や民族の違いを超えるのか、時々、疑問に思うことがあります。  たとえば、日本人相手に「ベルばらがね……」と言えば、池田先生の名前はもちろん、作品の内容、オスカルやア […]