荒井由実『さみしさのゆくえ』~人生の美しい翳り

たとえば、誰かを傷つけ、望まぬ別れに至ることがある。

ほんの少しの行き違いが雪崩みたいに大きくなり、解り合えぬまま終わったり、心にもない言葉で傷つけてしまったり。

どうして素直に「好き」と言えないのか。

そばに居て欲しいのに、優しさなんて要らないように突っぱねてしまうのか。

過ぎ去ってからやっと気がつく、その人の大切さ。

でも、気付いた時には何一つ、戻ってはこないのだ。

*
 
誰だって、上手に愛せるわけじゃない。

*

でも、別れたり、振られたり、失敗することは不幸なんだ、独りでいるのは恥ずかしいことなんだ、って。
そんな風に思いだしたら、人はいつ愛し方を学ぶのだろう?
 
誰の人生にも翳りはある。 

ただ、それを口に出すか、出さないかの違いなんだ。

悪ぶるわたししか知らず あなたは旅立って行った
お互い自分のさびしさを抱いて それしか持てなかったの

こんなわたしでもいいと いってくれた一言を
いつまでも大切にしてる私を笑わないで

したいことをしてきたと 人は思っているけど
誰にも心の翳りはわかるものじゃないから

残った都会の光見つめて たたずめば
その時 私の中で
ほんとに 何かが終わる

いくつもの痛み、いつまでも疼く苦みを知って、人は本当の優しさがどこにあるか知るようになる。

幸せを感じるには、同じくらいの翳りが必要で、それと静かに付き合える人だけが、人生の美しさに出会える。

恋をしてよかった──と心から思えるのは、いつもそれが過ぎ去ってから。

本当の幸せは、多分、恋の只中にではなく、つい傷つけてしまったあの人の幸せを心の底から願えた時、しみだすような愛しさの中で感じるものなのだと思う。

この曲は本当に美しい。これをユーミンの最高傑作と言う人も少なくない。

おそろしいのは、これが10代の時に書かれたということ。

心がしっとりと泣きぬれる名曲です。

CDの紹介

これも名曲ぞろいです。「中央フリーウェイ」「グッド・ラック・アンド・グッド・バイ」「14番目の月」と、ユーミンファンには外せないタイトルが揃っています。
ファンの中にも「荒井派」と「松任谷派」があって、荒井時代を惜しがる人が少なくないのですが、これを聞けば納得です。
ああ、ユーミン、どうしてあなたはそのままで居てくれなかったの?? と、こぼしたくなるような一枚です。

14番目の月
by (CD)
定価  ¥ 2,163
中古 32点 & 新品  ¥ 1,409 から
5つ星のうち 4.9  (34 件のカスタマーレビュー)

Spotifyで全曲、公開中です♪

Tags: , ,

POPS・JAZZ・歌謡曲の関連記事

スタイル・カウンシル

ザ・ジャム解散後、ポール・ウェラーが自身を解き放つように制作した名盤『カフェ・ブリュ』に収録。女性ヴォーカル、トレーシー・ソーンのアンニュイな歌声もさることながら、恋する人の面影を求めて夜の町を彷徨い歩く女性の心情を歌った歌詞も秀逸。『My ever changing moods』『The Lodgers』など

スウィング・アウト・シスター

ものすごくいい曲なのに、周りの誰も知らないし、メディアで話題にもならないと、 「もしかして、『この曲がいい』と思っているのは、世界中に私一人だけ・・とか?!」 という気分にさせられることがある。 別に、世界中で私一人がその曲のファンだったと […]

カエル

世の中、女性蔑視だ、差別だと、騒がしいですが、 ワタクシ、どう考えても、男性の方が大変と思うことが多いです。 男性には「お嫁さんになるの」という選択肢がないし、 何かあっても、誰にも同情されないから。 黙って立ってとれ、みたいな。 その点、 […]