その「さよならメール」がうざいんだよ。

その「さよならメール」がうざいんだよ。
あなたに知って欲しいこと

何かと理由をつけて彼氏と繋がりを持とうとする人は多いですが、やればやるほど、心が離れていくもの。自分では親切のつもりでも、相手にとっては負担に感じることもあります。終わった関係は見切りをつけて、現実を直視しましょう。言葉を尽くし、手を変えても、相手にとってあなたは既に『過去の人』なのです。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

彼氏への未練を断ち切るために。

二人の関係をきれいに終わらせて、前向きに生きるために。

最後の「さよならメール」を書く人は、少なくないと思います。

*

あなたと出会って、どれほど幸せだったか。

人間として、大きく成長できたか。

気持ちをすっぱり

気が向いたら、いつでも連絡して下さい、、、etc

*

彼にこの決意と感謝の気持ちを分かって欲しい。

「彼は私のことを誤解しているのではないか」「ちゃんと説明すれば、分かってくれるのではないか」、等々。

最後の期待を込めて「さよならメール」を書く人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、ちょっと想像してみて下さい。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

その「さよならメール」がうざいんだよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる