Scrivener 編集画面 ハイライト

Scrivenerのフォントの書式(Foramt)を登録・削除する

Scrivener 編集画面 ハイライト

アウトラインプロセッサ『Scrivener』の便利な点は、リッチテキスト形式での編集が可能な点です。

標準の黒文字以外に、太字、斜体、下線、カラー文字、大小サイズ、蛍光マーカーなど、様々な文字装飾が可能です。

何度も利用するフォントの書式は Preset に登録すると便利です。

登録したい書式の文字列を選択し、Format → Formatting → New Preset From Selection を選択します。

登録したい文字列を選択

ダイアログのボックスが開いたら、Name に任意の名称を入力し、その他のオプションをチェックして、OKします。

この場合、「緑文字」(緑色×太字)で登録します。

Save all formatting
選択した文字列の全ての書式を保存する。

Save character attributes
フォントの属性のみを保存する。(色、斜体、下線など)

Save paragraph style
段落の属性を保存する。(右揃え、中央揃え、行間など)

Include font
フォントを含む(フォントファミリー)

Include font size
フォントのサイズも含む

ダイアログから書式登録

登録作業が完了したら、Apply Preset から選択できるようになります。

プリセットを適用する

あるいは、書式バーのアイコンからも選択できます。

アイコンからプリセットを選択

既に登録されたプリセットを削除する場合は、Delete Preset から、該当のプリセット名を選択して、クリックすると消えます。

よく色分けする方は書式のプリセットを活用してみて下さいね。


Scrivener. Y'know - for writers.

※ その他の操作については、下記のリンクも参照して下さい。

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149