人は二度生まれる

人は二度生まれる。一度目は存在する為に。二度目は生きる為に。

『人は二度生まれる。
一度目は、存在する為に。
二度目は、生きる為に」 (ジャン・ジャック・ルソーの言葉)
[su_quote cite=”三番街にピアノが鳴ったら” url=”https://novella.works/rachmaninoff-no3″ class=”quote”]“その日”まで、俺は小さな殻の中の住人だった。
世界は既に存在していたけれど、まだ俺のものではなく、そこに含まれる様々な事象も、遠い影でしかなかった。

「生きること」への希求と、「自分であること」への渇望。
「自由」への憧れと、「未知なるもの」への不安。
世界はすぐそこにあるのに!
硬い殻が俺と世界とを阻んでいた。

ただ存在するだけなら、死んでいるのも同じこと。
無為に時を過ごすぐらいなら、いっそ時を飛び越えた方がましだ。
時は欲求だけをつのらせ、未知なるものへと心をいっそう掻き立てる。
気の滅入るような息苦しさの中で、俺はずっともがき続けた。心満たす「何か」を必死に探しながら。

「何か」。
自分だけに与えられた「何か」。
それ無しには生きることも、存在することもできない、自分が自分である為の「何か」。
そんな何かに巡り会えたら、今すぐにもその一点に流れ出せるのに!

俺は必死に殻を叩き続け、ついに殻の“外”へと飛び出した。
自分だけを道連れに。
その瞬間の眩しさを、俺は生涯忘れない。
本当の意味で生き始めた、あの劇的な瞬間を。
見るもの、触れるもの、すべてが新しく、日々生まれ変わるような鮮烈な感動を。
世界は決して優しい場所ではないけれど、真摯に生きる者には必ず報いてくれるものだ。

自分を変える「何か」も、心から探し求めれば、いつか必ず巡り合える。
生は一瞬。そして世界は計り知れぬほど深く、広い。
同じ生きるなら、自ら立ち、自ら歩いて世界を渡ろう。
たとえ片翼の鳥になっても。
[/su_quote]

子供は、親を一人の人間として理解し、受け入れた時、初めて「大人」になる。

初稿:1998年

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

魚 海

「まあ、それが今まで独身できちゃった所以。もっとも、私のこの顔じゃあ、男も遠慮して寄りつかないでしょうけど」 「そんなことないよ。今からでもプロポーズすればいい。相手は戸籍上、独身だろう? だったら何も問題ないじゃないか」 「……あなた、ず […]

ピアノ

「お前、愛はないのかい?」「誰に対して」「家族に対してだ」「あるよ。でも、それとこれとは別問題さ。愛と生の行き先は必ずしも一致しない。愛が惜しみなく奪うなら、生は惜しみなく踏み越える。それが俺の哲学だ」「何が”哲学”だ、ただの身勝手じゃないか」「身勝手というなら、父さんの愛もたいがい身勝手だと思うよ。まさに愛という名のエゴイズムだ」

アフシュライトダイク

『夢を叶えたい』という人はたくさんいる。 だが、その為に行動する人は少ない。 人生は夢を叶える過程そのもので、夢そのものが人生の目的ではない。 どんな夢を見ようと、どんな夢が叶えようと、 人生の最後に残るのは、自分が何を為したかという思い出 […]