その正論に愛はありますか

その正論に愛はありますか ~正しいだけの親は要らない

その正論に愛はありますか

正論は子供を苦しめる

子どもに教え諭す時、正論を言う人も少なくないと思います。

「嘘をついてはいけません」

「門限を破ってはいけません」

「弱い者いじめをしてはいけません」

反論する余地もない、絶対的正義――いわゆる『正論』と呼ばれるものです。

この正論を口にされたら、誰も何も言い返せません。

なぜなら、正論は常に正しいからです。

絶対的正義の側に立てば、誰にも咎められることなく、相手をやり込めることができます。親なら、子どもに寸分の弁解の余地も与えず、絶対正義の立場から教え諭すことができます。

しかし、子どもにも子どもの考えがあり、言い分があります。

「正しい」と頭で分かっても、何かの理由で過つこともあります。

その時、正論だけネチネチ言って聞かせて、果たして子どもの心に届くでしょうか。

「正論」は時に相手を追い込み、傷つけることがあります。なぜなら、正論は「正しい」というだけで、そこに愛はないからです。

全文を読むにはパスワードを入力して下さい

有料マガジン購入者向けのコンテンツです。詳しくは「有料マガジンとパスワードについて」をご参照下さい。

あなたのお子さん、夜中に「親 死ね」「親 殺したい」と検索していませんか? なぜ彼らは親の死を願い、殺したいと考えるのか、子どもの自立とは何かを考えるコラム集。
詳しくは、note.com 「親の死を願う子供たち」をご参照下さい。
親の死を願う子供たち

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimited、Googleブックスで公開中。無料PDFもダウンロードできます。

CTR IMG