政治 Note

全人的な意味での革命とは、本当に自分が望んでいることが何かを知ること

政治 Note

政治的な革命というのは部分的な革命にすぎない。全人的な意味での革命とは、本当に自分が望んでいることがなにかを知ることから始めなければならない。

– 言葉が眠るとき、かの世界がめざめる –
両手いっぱいの言葉―413のアフォリズム (新潮文庫)

政治でも、企業でも、「変わろう、変わらなきゃ」という掛け声はよく聞かれるが、突き詰めれば、『どうなりたいか』という問いかけは、あまりなされなていないような気がする。

とりあえず、こういう業界だから、世界のトレンドはこうだから、これが強みだから、誰某がいいと言っているから、etc。

目先の目標だけを追いかけて、今やれること、実現できそうなこと、可能性が高いこと、等から答えを選ぼうとする。

だが、肝心な「どうなりたいのか」という根源が明確でないので、結局は迷走する。

「どうなりたいか」は理想であって、現実的ではないという意見もあるが、そもそも「どうなりたいか」という理想を欠いて、どんな優れた現実を作り出せるというのだろう。

「自分の望みがわからない」というのは、突き詰めれば、高次な展望を欠いている、ということだ。

革命に成功するか否かは、方法ではなく、何を目的にするかに依る。

「変わろう、変わらなきゃ」という掛け声が空回りするのは、失策というより、理想の欠如。

自身のことも、どうあるべきかも、分かってない。

Tags: ,

寺山修司の関連記事

花

私も30代前半から半ばにかけて、突然、「幸せ」について考えるようになり、その系統の本にもずいぶん目を通したものです。 女性向けの「愛されて幸せになる!」系のエッセーから、ビジネスマン必読の自己啓発ものまで(デール・カーネギーとか、ジョゼフ・ […]

NO IMAGE

申し訳ないけど、食卓です。これは愚答ってものでしょうか。でも、本当に申し訳ないけど、食卓なのです。師匠も言ってますよね。『家というものが運命化した共同体だと思っている人にとって……』。結婚は意図的だけど、家族は偶発的なものです。

notes 美容室

いまの時勢みたいに人が信用できなくなってるときに、他人の首にじゃりじゃりっと剃刀をあてる仕事をしていられるのは、自分が他人に信用されているからだと思ってるのさ。な、そうだろう。誰だって仇の剃刀に自分の喉をあずけっこねえやな。信用ってことが何より大事な世の中じゃねえか