どこに心があるかはデザインを見ればわかる

どこに作り手の心があるかはデザインを見れば分かる 海上都市の建設をめぐって

どこに心があるかはデザインを見ればわかる

どこに作り手の心があるかはデザインを見れば分かる

デザイナーの心 意匠と形 ~社会への思いやりが都市設計の基盤となる』にもあるように、どんな小さな物にも、それを作った人の美意識や価値観が込められています。他者の評価がどうあれ、使いにくいものは使いにくいし、見にくいものは見にくい。完璧である必要はありませんが、配慮を欠いたものが公共に大きな影響をもたらすのは事実です。遊具、子供服、身障者用スロープ、エレベーター、改札機、バスの乗降口、駅のコンコース、等々。身の回りを見渡すだけでも、様々な問題に気付くのではないでしょうか。

本作では、世界的に有名な建築家フランシス・メイヤーが「海上のヴェニス」と喩えられる見目麗しい円環の海上都市『パラディオン』を提案し、これに乗じて、金脈を広げようとする新興勢力が乗り込んできます。しかし、その為に公的支援が必要な箇所は後回しにされ、庶民の不満は沸点に達します。

建築は公共の芸術であるため、「美しい」だけでは役に立ちません。自己表現と同じくらい公益も大事です。

【小説の抜粋】 デザイナーの心

ペネロペ湾開発のアイデアを問うコンペで、フランシス・メイヤーは饒舌に海上都市『パラディオン』のメリットを語るが、TV中継で見守るエヴァ、マックス、ヴァルターは否定的だ。

関連のあるエピソード →
・ デザイナーの心 意匠と形 ~社会への思いやりが都市設計の基盤となる
・ デザインとは精神の具象 ~絵に心を現す~

このパートは『海洋小説『曙光』(第六章・断崖)』の抜粋です。
作品詳細と無料ダウンロードはこちら

海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 『下巻』
5

火山島ウェストフィリアに眠る謎の貴石をめぐり、鉱山会社が動き出す。深海調査のオファーを受けたヴァルターは、水深2000メートルの海丘を目指すがそこで目にしたものは意外なものだった。第四章から最終章までを収録。Kindle Unlimitedで公開中。

NO IMAGE

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属『ニムロディウム』をめぐる企業と海洋社会の攻防を描く人間ドラマ。生き道を見失った潜水艇パイロットと、運命を握る娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimited、Googleブックスで公開中。無料PDFもダウンロードできます。

CTR IMG