どこに心があるかはデザインを見ればわかる

どこに作り手の心があるかはデザインを見れば分かる 海上都市の建設をめぐって

どこに心があるかはデザインを見ればわかる

どこに作り手の心があるかはデザインを見れば分かる

デザイナーの心 意匠と形 ~社会への思いやりが都市設計の基盤となる』にもあるように、どんな小さな物にも、それを作った人の美意識や価値観が込められています。他者の評価がどうあれ、使いにくいものは使いにくいし、見にくいものは見にくい。完璧である必要はありませんが、配慮を欠いたものが公共に大きな影響をもたらすのは事実です。遊具、子供服、身障者用スロープ、エレベーター、改札機、バスの乗降口、駅のコンコース、等々。身の回りを見渡すだけでも、様々な問題に気付くのではないでしょうか。

本作では、世界的に有名な建築家フランシス・メイヤーが「海上のヴェニス」と喩えられる見目麗しい円環の海上都市『パラディオン』を提案し、これに乗じて、金脈を広げようとする新興勢力が乗り込んできます。しかし、その為に公的支援が必要な箇所は後回しにされ、庶民の不満は沸点に達します。

建築は公共の芸術であるため、「美しい」だけでは役に立ちません。自己表現と同じくらい公益も大事です。

【小説の抜粋】 デザイナーの心

ペネロペ湾開発のアイデアを問うコンペで、フランシス・メイヤーは饒舌に海上都市『パラディオン』のメリットを語るが、TV中継で見守るエヴァ、マックス、ヴァルターは否定的だ。

関連のあるエピソード →
・ デザイナーの心 意匠と形 ~社会への思いやりが都市設計の基盤となる
・ デザインとは精神の具象 ~絵に心を現す~

このパートは海洋小説『曙光』(第六章・断崖)の抜粋です。詳しくは作品概要をご参照下さい。

第六章 断崖 Googleブックスで試し読み
5

導き手を無くした海洋社会アステリアは混迷し、既存企業と新興勢力の対立が浮き彫りになる。新たな資本グループは世界的建築家メイヤーを擁して、富裕層向けの海上都市パラディオンの建設を推し進めるが、庶民を踏みつけにする巨大計画にNOを突きつけるべく、ヴァルターは対案として《リング》を提示する。
Googleブックスで試し読みできます。

e-book & note magazine
海洋小説 《曙光》 MORGENROOD 試し読み
なぜあなたの恋は上手くいかないのか

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:149 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4552): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(288): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(312): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(478): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(947): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 149