神の子羊

神に捧げられし羊 1万4600匹を乗せた貨物船が転覆

神の子羊

ずっと以前、鹿児島をドライブしていた時、知人が言っていた。

道端で動物が死んでいたら、それは人間の身代わりになって死んでくれたんだよ。

つまり、今日、交通事故で死んだかもしれない誰かの為に、動物が代わりに死んでくれた、という話である。

「だから、道端でぺちゃんこになっている動物を見かけたら、いつも心の中で手を合わせるの。代わりに死んでくれて、ありがとう、って」

それを聞いた時、鹿児島県民は優しいなと思い、私も、数十年間、同じようにしている。

以前は、「気持ち悪っ」と思ってたけど、「私の為か、誰かの為かに、死んでくれたんだな、ありがとう。なんまいだぶ」と。

そして、先日、1万4600匹の羊を乗せた貨物船が転覆し、1万匹以上が貨物船に閉じ込められたまま溺死した。

いつの時代の「アミスタッド」か、貨物船に閉じ込められたまま、叫ぶこともできず、身動きも取れず、ぶくぶくと海の底に沈んだ1万匹の羊の気持ちを思うと哀れでならない。

あるいは、彼等は、明日何かの理由で死んだかもしれない1万人の身代わりであったのか。

相手が物を言わぬ羊なら、沈んでも仕方ない、死んでも誰も悲しまないのかもしれないが、それだけでは済まされない業が人間にはあるのではなかろうか。

羊といえば、人類の贖罪の為に血を流したイエスの象徴。

神の子羊(アニュス・デイ)

海に沈んだ羊たちも天国に行ければいいけれど。

【11月25日 AFP】ルーマニア沖の黒海(Black Sea)で24日、羊1万4600匹を乗せた貨物船が転覆し、救助隊は乗組員と羊の救出活動に追われた。
ルーマニアの畜産・家畜輸出業者の主要組合Acebopのマリー・パナ(Mary Pana)氏は
「長距離移動時に家畜の安全を確保できないのならば、(家畜の海上輸送は)全面禁止すべきだ」との見解を発表した。

羊1万4600匹を乗せた貨物船が転覆 ルーマニア沖

アミスタッド [DVD]
出演者  
監督  
定価  ¥3,120
中古 16点 & 新品  ¥500 から
(0 件のカスタマーレビュー)

神の子羊
更新情報や引用など
>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG