吹けば飛ぶような命でも、後進に道を示すことはできる。

吹けば飛ぶような命でも、後進に道を示すことはできる。

吹けば飛ぶような命でも、後進に道を示すことはできる。

人間の真の偉大さは、「明日世界が滅ぶと分かっても、リンゴの木を植える」という精神にあると思う。

どんな動物も、生命の連鎖の中に生き、次代に繋ぐことも遺伝子(本能)に組み込まれているわけだが、人間は、それに加えて、自らの意思でそれを選ぶことができる。たとえ世界に核の嵐が吹き荒れても、干ばつで大地が干上がっても、どこかにか次代の種を植えずにいない。

それが本能ゆえか、培われた高貴さかは分からないけれど、常に次代を思わずにいないのは、《生きよう》とする意思は、地上のあらゆる力を凌駕するからに違いない。

以下は、断崖のパートで挿入するだったはずの一文。

二度目の悲劇に遭遇し、何もかも失った中で、ヴァルター・フォーゲルが呟く台詞だった。

吹けば飛ぶような命でも、後進に道を示すことはできる。
彷徨い人の道標となる、揺るぎない指針だ。
第六章 断崖のボツ

人ひとり、何の力もなくても――自分が生きているうちに大した事は成せなくても――後進に道を示すことはできる、という意味で。

後に続くものが豊かなら、誰の人生も報われる。

絶望の中でも顔を上げ、明日に立ち向かう時、どんな人も強く、美しい。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG