MENU

対決を通しての親子関係の安定 ~立派な親の姿を見せるより、正直な人間として子供と向き合おう~

2020 3/02

あなたに知って欲しいこと

立派な親だから、正しいことを言っているから、尊敬されるわけではありません。愛とはもっと正直なものです。子供は人間である親を理解し、愛したいのです。立派であらねば……という気負いは、かえって子供の心を遠ざけ、負担となってしまいます。本当の自分を恐れずにさらけ出してみませんか。

愛し方、愛され方の分からない人は、力の強さや格の高さなど、周りより優れることによって、周囲の愛情や尊敬を勝ち取ると錯覚しています。

子どもに対しても、常に親が優れることで、子どもの方から従うと思い込んでいるので、弱みなど決して見せませんし、批判も許しません。子どもに舐められまいと威嚇したり、あるいは、子どもを貶めて無力化したり、親が優位に立つことで、子どもをコントロールします。こうした親にとっては、子どもが従順であることが愛情と尊敬の証なのです。

しかし、愛の本質は、相手の弱点を理解して、受け止める点にあります。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

note.com マガジンのご案内

この投稿をnote.comで見る → https://note.mu/poetry/n/n4f7f1a28ca21

noteで配信している読み切りタイプのマガジンです。マガジンの詳細はこちら(note.com)

目次
閉じる