釈迦の名言108の知恵より ~人間の良心と安らかさ

[su_quote cite="釈迦の名言108の知恵―今日を生き、明日への希望を開く指針 松涛 弘道(著)"]
いくらみにくい世の中にあっても

いつも自分を見失わず

できるだけ多くのものを見聞きし

そのこころをすなおに受けとめて

その中から真実なるものを見わけ

自らはおだやかに かつ明快に語り

けっしておそれることなく

いつでもどこでもだれにでも

堂々たる態度で立ち向かおう

自分に対して忠実に

物に対して確実に

人に対して誠実に 接してゆけば

たとえ そうすることによって

よい結果がえられなくても

けっして悔いはないものである

[su_spacer size="30"]

わたくしの人生はたった一度しかなく

この世にたった一人しかない

自分なのであるから

その自分を生かし 周囲のものを生かし

すべての人を生かしきるような

人生にしたいものである

つらいときや かなしいときは

いつも澄んだ瞳で広く深い空を見上げ

姿勢を正して

周囲にただよう新鮮で透明な空気を

胸いっぱい吸い込もう

そして自分のこの世でやるべきことを

たとえ誰が見ていなくても

また それがいくらつらいことであっても

けっしてくじけず たゆまず

ただ コツコツとなしとげよう

そして どこかに不幸な人がいたら

いつくしみの心をもって

どんなことにでも 力になってあげよう

うれしいときや たのしいときは

いつもそのしあわせを一人じめにせず

ひとにわかち合って共に喜ぼう

[su_spacer size="30"]

いくら この世が

喧騒と欺瞞にみちあふれていても

みんながもっと美しい

ほんとうに尊いものが

あることを知っている

そうしたものを限られたいのちの中で

せいいっぱい育ててあげられたら

きっと うれしくてたまらないだろう

そして いつの日か

人生のおわりに至ったあかつきには

自分のたどって来た道をふりかえって

静かにほほえめるような

悔いのない一生を送りたい
[/su_quote]

2000年に読んだ本の覚え書きより。

一番いい箇所は「いくら この世が 喧騒と欺瞞にみちあふれていても みんながもっと美しい ほんとうに尊いものが あることを知っている」。

性善説というよりは、常識人の心根に宿る良心みたいなもの。

「美しい、尊いもの」などすっかり忘れてしまったような人も存在するが、世の多くの人は前者であるから、社会の秩序も保たれている。

社会を崩壊させるのは経済危機でも高齢化でもなく、その他大勢の心根に宿る良心の喪失に他ならない。

今の世の中、人間の良心ほど、孤独で、繊細で、傷つきやすいものはないから、私たちは、それが外から毒されないよう、しっかり守ってやる必要がある。他人の良心然り。

自分の取り分が少なくても、自他を欺かない者は、そうでない者より、ずっと安らかでいられる。

常にいらいらと勝ち負けを気にせずにいないのは、自分の良心を裏切っても、優位に立ちたいと願うからだろう。

初稿  2000年6月3日

 釈迦の名言108の知恵―今日を生き、明日への希望を開く指針 (単行本)
 著者  松涛 弘道 (著)
 定価  ¥1
 中古 11点 & 新品   から

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる