愛の試練は同じ重さでやって来る

愛の試練は同じ重さでやって来る ~一緒に居ても、居なくても

愛の試練は同じ重さでやって来る

同じ顔ぶれ、同じ資本が跋扈する ~なぜ社会のビジョンが必要なのかの中で、ヒロインのリズと、伯母のダナが、恋について語り合う場面で挿入していた台詞。

人生が思いがけない方向に流れていくことに対し、『運命には実体がない。それは幸運でもあり不運でもある』と運命について語り合う。

「いい人なの。自分でもどうしようもないくらい心惹かれてるわ。でも、どうしたらいいのか分からない。今にも心の熱に呑まれてしまいそうで……」

「盲目になるのが怖いのね」

「もう、ほとんど心の目は塞がっているわ。あの人が好きで、いつまでも側に居て欲しい、それしか考えられなくなってる。パパが倒れたのも私のせいよ。私が帰りたくない一心で、心の舵を左に切ったから……」

<中略>

「あなたは心の舵を左に切った……と言ったわね。好きな人と一緒に居たいがために、運の流れを変えようとした、と。

どのみち、運命に勝てない愛は、いずれ海の泡みたいに消えてゆく。

あなたが運命の輪をどちらに回そうと、愛とは常に試されるものよ。

楽しいことだけ存在する愛などなければ、簡単に真実に至る愛もない。

一緒に居ようと、居まいと、愛の試練は同じ重さでやって来る。

あなたが不安と淋しさに耐えられないようなら、愛もいずれ死ぬのよ」

海洋小説『曙光』 MORGENROOD (上) ボツ原稿

Tags: , ,

詩想と引用の関連記事

愛の試練は同じ重さでやって来る

お願いだから『永遠』なんて言わないで。過去、何百万と誓いを立てた愛が、永遠という言葉の中でどれだけ滅んだと思うの?あなたがどう誓おうと、心なんて、いつか変わるの。愛だけが特別なんて、絶対に有り得ないわ。

自転車

軽やかに 走ろう 空気入れたての 自転車みたいに 世界をありのままに 感じることができるのだから

身をもって生き様を示す

どんな高邁な理想も、言葉だけでは人は動かせない。身をもって示して初めて、理想が理想としての意味をもつ。その後、彼は死ぬまで父を忘れず、その生き様を指針にするわけだが、愛とは何かと問われたら、慈しむだけが全てではない。身をもって生き様を示す勇気も至上のものだろう。