映画『スラムドッグ・ミリオネア』と運命論 ~僕と君の違いは『運』だけ・努力が全てではなく~

目次

映画『スラムドッグ・ミリオネア』について

いい映画だけど、二度、三度と繰り返し観たくない作品がある。

私にとってはクリント・イーストウッドの『チェンジリング』がまさにそれ。
(関連記事 → 映画『グラン・トリノ』 老兵は死なず、ただ消え去るのみ

生々しい現実に心が痛む。

物語も感動的だ。

でも何度も繰り返し見る気にならない。

あまりにテーマが生々しく、心に響きすぎるから。

2008年度アカデミー賞8部門を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」もそう。

どんな映画評を見ても「今年最高!」「絶対に見るべし」と絶賛の嵐で、Amazonのレビューも五つ星だらけ。

トレーラーを見るまでもなく、「いい映画」っぽいのは分かるけど、「インド」「スラム」と聞いただけで、私はもうダメ。

それを娯楽として楽しめない部分があるからだ。

にもかかわらず、最近、ついに観てしまったのは、土曜の夜、『プレデター VS エイリアン』か、『スラムドッグ・ミリオネア』か、どっちがいい? という話になった時、私は『プレデター』を推したけど、家人は「そんな気分じゃない」ということで、『スラムドッグ・ミリオネア』の上映会になった次第。

【あらすじ】 幸運はスラムの住人にも微笑むか?

そんな『スラムドッグ・ミリオネア』のあらすじは次の通りだ。

*

スラム出身の18歳のジャマールは、高額賞金が得られる大人気のクイズ番組『クイズ・ミリオネア』に出場し、次々に問題を解いていく。
(実存の「クイズ・ミリオネア」をモデルにしている)

しかし、「スラム出身の無学なジャマールに、こんな高度なクイズ問題が解けるわけがない」と、番組サイドに不正を疑われ、ジャマールは警察の尋問を受けることになる。

そこでジャマールの口から語られたのは、スラム街での壮絶な過去だった。

やがて嫌疑は晴れ、いよいよ史上最高額を懸けた最後のクイズが出題される。

だが、彼の思いは「大金」ではなく、トラブルに巻き込まれて、別れ別れになった初恋の女性ラティカの一身に注がれていた。

果たして、ジャマールは見事に難問に正解し、大金を手に入れて、ラティカを救出することができるのか……。

*

この映画の見どころは、ジャマールの壮絶な過去とクイズの内容が見事に一致し、「なるほど、これなら正解する」と誰もが納得する点だ。

たとえば、「100ドル札に描かれているアメリカの偉人は誰か」という出題に対して、ジャマールが偶然、100ドル札を手に入れるまでのエピソードが描かれる。番組サイドは、「スラム出身のジャマールが100ドル札など目にするはずがない」と疑うが、ジャマールには100ドル札をめぐる切ない思い出があった。日常的に触れる機会はなくても、100ドル札に印刷された偉人の顔はイヤというほど瞼に焼き付いているのである。

出題されるクイズが、ジャマールの生い立ちを解き明かす形で進むので、観る側も非常にスリリングで、分かりやすい。

私だって、京都・四条河原町に関するクイズが出題されたら、全問正解とまではいかなくても、8割ぐらいは答えて、賞金をゲットできるだろう。

そんな風に、ジャマールの生い立ちと、クイズの内容が、『偶然にも一致した』というのが、この映画の重要なポイントなのだ。

正義に生きるか、暴力に支配されるか

少しでも「スラム」や「ストリート・チルドレン」について見聞したことのある人なら、悲惨な路上生活や物乞いはもちろんのこと、哀れな子供たちのわずかな稼ぎを搾取する為に、悪い大人が子供の手足を切断したり、クスリ漬けにして売春させたり、という事実を知っていると思う。

実際、この作品でも、路上で寝泊まりする子供をコーラや食べ物で引き寄せて、集団で監禁し、物乞いさせたり。

通行人の同情を誘う為に、歌の上手い少年の両目をわざとスプーンで潰したり。

可憐な少女ラティカを売春宿で働かせたり。

目を覆いたくなるようなエピソードが次々に登場する。

それでも路上に放り出され、飢えて死ぬよりは、悪の手先となり、搾取されても、衣食住にありつける方がましなのだ。

そうして奴隷のように扱われるうち、自らもまた搾取する側の人間になり、今度は自分自身が子供を監禁して、物乞いをさせるようになる。

そんな底辺の社会環境で、「正しく生きろ」と説いたところで、どんな効き目があるというのだろう。

目を潰された少年や、売春宿で搾取されている少女からすれば、「正論はいいから、お金をちょうだい」と言いたくなるはずだ。

*

『生きる』といこと。

先進国で暮らす我々の感覚で言えば、それは自己実現であったり、社会貢献であったり、郊外の洒落た一軒家に暮らして、ロハスな生活を楽しむ……といったところだが、スラム街ではまさに「生存をかけた戦い」、いやもう『生存』などという言葉さえ気取って感じられるような、過酷な現実が待ち受けている。

そんな中、親と住まいを失ったジャマールと兄サリムは、タージ・マハールを訪れる観光客の靴を盗んで、街角で打ったり、ガイドの流暢な英語を耳で覚えて、自らもガイドを真似て観光客から案内料を取ったり、ありとあらゆる手段を駆使して、生き延びようとする。

普通に考えれば、それは犯罪。

でも、そうでもしなければ、今日食べる物にもありつけない子供たちにとって、いったい、『正義』とは何なのか。

神の教えは、何のために存在するのか。

そうした、根源的、かつ永久に答えの出ないような、哲学的海溝に叩き落とされるのが、この映画の最大のポイントである。

*

やがてサリムは暴力と恐怖によって支配することを学び、ジャマールは労働という真っ当な手段で一般社会に溶け込んでいく。

ジャマールを人間たらしめたのは、初恋の少女ラティカへの思いだ。

いつか、彼女を泥沼から救い出し、日の当たる場所で、一緒に生きていきたい。

真っ当な願いを胸に、ジャマールは懸命に働き、学び続ける。

だが、マフィアの情婦として軟禁状態にあるラティカに、励ましのメッセージを送り、生活資金を得るには、国民的人気の『クイズ・ミリオネア』に出場するしかない。

ジャマールは、意を決してクイズに挑み、次々に難問を解いていく。

そして、ついに準決勝。

いったん、スタジオを離れて、司会者とトイレで鉢合わせた時、司会者は洗面台の曇った鏡に指で『B』と綴り、意味深な台詞を残して立ち去る。

一瞬、「正解」を教えてくれたのかと期待するが、世間を知っているジャマールは、簡単にその手には乗らない。

このあたりの演出も非常にスリリングで、説得力がある。

そして、運命の『ファイナル・アンサー』。

次々に襲いかかる、人生の難問に打ち克ったジャマールは、晴れて自由の身となったラティカと悦びのダンスを踊り、幕を閉じる。

僕と君の違いは『運』だけ

これらの物語を、映画監督のダニー・ボイルは『ジャマールはいかにして2000万ルピーのクイズの答えを知るに至ったか?
という観客への問いかけに対し、次の四つの選択肢を用意している。

A) He chated.(ズルをした)
B) He's lucky.(ラッキーだった)
C) He's a genius.(彼は天才)
D) It's written.(書かれた)

正解は「D」。

直訳すれば、「書かれた」になるが、「定められた」「筋書き通り」といったニュアンスもある。

日本語字幕では『運命』と訳されているが、ここでいう運命は、ラッキーとは異なる、“神のドリル(練習帳)”と解釈すると分かりやすい。

つまり、神が栄光への道筋(クイズ)を用意し、ジャマールは、その難問を次々に解き明かして、見事、神の与えた試練に合格した、というわけだ。

運命という語句だけ見れば、これだけ過酷な試練を課して、「勝利の秘訣は運命かい?!」と突っ込む人もあるかもしれない。

だが、ある意味、『運命』とは、誰にとっても優しいものだ。

たとえば、100ドル札のくだりには、なまじ歌が上手い為に、マフィアに両目を潰され、今も地下道で歌って物乞いをする少年が登場する。

兄サリムの助けがなかったら、ジャマールも同じ運命を辿っていたかもしれず、決してその少年が特別劣っているわけではない。

全盲の少年と辛い再会を果たした時、少年が口にするのは、『運』という言葉だ。

I wasn't so lucky. That's the only difference.

僕は幸運じゃなかった。違いはそれだけさ

人は誰でも、自身の努力によって、道を切り開き、幸せを掴むもの、と思いたい。

何か、超越した第三の力によって、行く道が定められるなど、考えたくもないものだ。

しかし、現に、世界最悪のスラムに生まれ落ちる子もあれば、裕福な家に生まれ育ち、飢えや暴力とは一生無縁な人生を送る子供もいる。

これを『運』と呼ばずに、なんと呼ぶ?

不幸の度に、あいつが悪いと恨んでも仕方ないし、全てが全て、自分の落ち度でもない。

能力や器量の問題ではなく、紙一重の差で運がなかったのだと思えば、諦めもつくだろう。

もちろん、両目を潰された少年については、とても『運』などという言葉で慰められるものではない。

だが、もし、少年が「両目を潰されたのは、自分が愚図だったから」と自分を責めるようになれば、到底、生きていけないだろう。

別に、自分だけが特別、能力や器量に劣るわけではなく、「運がなかっただけ」と割り切ることで、得られる知恵もあるはずだ。

一方、ジャマールについても、このシンデレラのような結末が『努力や心ばえによって得られた』と考えると、途端に話が白々しくなる。

努力や心ばえによって幸福になれるというなら、今も地下道で健気に歌い続ける全盲の少年はどうなるのか。

身を寄せ合って生きるストリート・チルドレンには、知恵も優しさも無いのか。

彼等が貧しい境遇のまま、一生を終えるのは、「ジャマールのようなガッツと努力に欠けていたから」で済まされるだろうか?

誰でも努力すれば、あるいは、心ばえがよければ、ジャマールのように、恋も大金も手に入れることができますよ……というオチは、それこそ説教であり、お伽話だ。

現実は、『運』に大きく左右され、皆が皆、同じように報われるわけではないから、この作品も程よいところで落ち着くのである。

*

世の中には、幸運な人がいる一方で、不運に泣く人もあり、誰にもそれをコントロールすることはできない。

『運命の女神』は盲目と言われるように、卑しい人物が大金を手に入れることもあるし、「なんで、こんないい人が」事故や災害で早逝することもある。

努力や能力でコントロールできないものを、コントロールしようと気張っても、疲れるだけだし、何度頑張っても、思うような結果が得られなければ、自分が惨めになるだけだ。

それより、「運は運」と割り切ろう。

努力神話を捨てよう。

全盲の少年も、ジャマールも、幸せになろうと一所懸命に生きる気持ちは同じだし、違いといえば、「ラッキーか、そうでなかったか」ぐらいで、少年が両目を潰されたのは、決して天罰ではない。

そういう意味で、運は公平。

ジャマールが恋と大金を手にしたのも、運が味方したから。

それ以上のものでも、それ以下のものでもない。

一方、忘れてはならないのは、ジャマールとまったく正反対の道を選んでしまった、兄サリムのことである。

貧しさに苦しむサリムは、拳銃でマフィアのボスを撃ち殺したことがきっかけで、暴力に目覚め、ジャマールと袂を分かって、マフィアの組織に加わる。

普通に考えれば、非難されるべき人間かもしれないが、ジャマールが過酷な少年時代を生き抜いたのも、すぐ側にサリムという逞しい兄がいたからで、もし、サリムがいなかったら、ジャマールも目を潰されて、一生地下道の物乞いで終わっていただろう。

サリムも根っからの悪人ではなく、最後はラティカの為に身体を張って、札束の風呂に沈むわけだが、考えようによっては、サリムの方がこの作品のテーマを色濃く体現しているような気がする。

何故なら、サリムもまたジャマールの運の一部であり、サリムが最後の最後に運命のルーレットの引き金を引いたから、ラティカは脱出し、ジャマールも大金を得ることに成功したからだ。

つまり、これは、決してジャマール一人の努力神話ではないのである。

*

ともあれ、良作にもかかわらず、二度、三度と、繰り返し観る気にはならない『スラムドッグ・ミリオネア』。

感動と無力感を同時に味わいたい方は、ぜひ御覧になって下さい。

エンディングの『Hi-Ho』は、インド映画らしく、全員総ダンスで見応えがありますよ。

プッシーキャット・ドールズのHi-Hoもパワフルですごく好きです。
メインヴォーカルのニコール・シャージンガーお姉さまは何度見てもセクシーで、歌も上手い。

関連記事 → 楽天こそ才能 インドの教育熱と前向き思考を描く青春映画『きっと、うまくいく』

DVDとAmazonプライムビデオの紹介

Amazonプライムビデオで視聴する

運じゃなく、運命だった。アジア最大のスラム街・ムンバイで育った少年ジャマールは、世界的人気番組「クイズ$ミリオネア」にて一問を残して全問正解、一夜にして億万長者のチャンスを掴む。だが、無学な彼は不正の疑いをかけられ、番組の差し金で警察に連行され、尋問を受けることになってしまう。彼は一体どうやって全ての答えを知りえたのか? そして、彼がミリオネアに挑戦した本当の理由とは?

≪奇跡その1≫
インドのスラム街で育った主人公ジャマールが、その逆境に負けることなく「愛」と「希望」だけを手に生き、運命を勝ち取っていく―。世界が歴史的な不況を迎えているこの時代、まさに夢のようなサクセスストーリーに、観客は共感し、拍手喝采、そして泣いた!!

≪奇跡その2≫
トロント国際映画祭で最高賞を受賞したのを皮切りに、世界中の映画祭で賞を総なめ!
監督:ダニー・ボイルによるパワフルな構成と巧みな演出。そして「愛」と「希望」溢れる脚本が、観客の心を掴んだ!!

……とのことですが、単純に「ブラボー!」と喜べるほど薄っぺらい話じゃないですワ。話が、というより、舞台が、なのですが。

主役級の演技はともかく、ジャマール、サリム、ラティカの子供時代を演じた子役さん、共にインドの現実を生々しく演じたその他大勢の子役、エキストラ(ほとんど素のままという感じ)の、きらきら輝く瞳が印象的。

彼らは今、幸せなのだろうか。

 ぼくと1ルピーの神様 (RHブックス・プラス) (ペーパーバック)
 著者  ヴィカス スワラップ (著), ヴィカース スワループ (著), 子安 亜弥 (翻訳)
 定価  ¥290
 中古 36点 & 新品   から

こちらが原作です。
キャラクター設定が若干違ってますし、より生々しいスラムの現実が描かれていますが、読後はけっこう爽やかです。

プッシーキャットドールズのお姉様のパワフルなベスト盤はこちら。Jai-Hoも収録されています。

私の好きな『When I grow up』 。
実際、こんな美女軍団が、突如町中に現れて、むちむちで踊り出したら、交通渋滞になりそう。

インドの貧困問題に興味をもったら、石井光太さんの著書をどうぞ。

 絶対貧困―世界リアル貧困学講義 (新潮文庫) (文庫)
 著者  光太, 石井 (著)
 定価  ¥605
 中古 54点 & 新品  ¥1 から

絶対貧困―世界人口約67億人のうち、1日をわずか1ドル以下で暮らす人々が12億人もいるという。だが、「貧しさ」はあまりにも画一的に語られてはいないか。スラムにも、悲惨な生活がある一方で、逞しく稼ぎ、恋愛をし、子供を産み育てる営みがある。アジア、中東からアフリカまで、彼らは如何なる社会に生きて、衣・食・住を得ているのか。貧困への眼差しを一転させる渾身の全14講。

石井 光太『絶対貧困』 苦しみを比較してもなあ』にも紹介している、スラムの現実を爽やかなタッチで描いた良作。ともすれば重く、偽善的な内容になりがちな第三国の貧困問題をユーモアをまじえて紹介しているところがポイント。石井さんの強い個性と柔軟性が感じられるドキュメンタリー本です。

初稿 2011年12月1日

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる