子供の自立は罪ではない ~親子関係は『距離』が解決することもある

子供の自立は罪ではない ~親子関係は『距離』が解決することもある
あなたに知って欲しいこと

親から離れることが叶っても、親の影は一生ついて回ります。辛い記憶も、憎しみも、心からすっかり払拭されることはないでしょう。それでも人は光に向かって進むことができます。怒りや憎悪に生きるより、生き甲斐や悦びや友情を大事にした方が、うんと幸せだと思いませんか。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

子どもが自立しようとすると、罵ったり、恨んだりする親がいます。

「親を見捨てる気か」「薄情者」「お前なんか一生不幸になれ」等々。

しかし、あなたが真っ当な方法で自立するなら、罪悪でも親不孝でもありません。

一人前に働き、社会に参加し、義務と責任を果たすなら、親とは異なる生き方をするというだけで責められる理由など、どこにもないはずです。

世の中には相手に罪悪感を植え付けることで、思いのままにコントロールしようとする人がいます。あなたの親もそんなタイプかもしれません。理由の如何にかかわらず、子どもが自分から離反するのが許せないのです。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

子供の自立は罪ではない ~親子関係は『距離』が解決することもある

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる