現代に生きるためには、無垢な心がどのような報復をうけねばならないか 『シベールの日曜日』より

シベールの日曜日」は現代に生きるためには、無垢な心がどのような報復をうけねばならないかということを物語る残酷な映画であった。ガラス玉を星のかけらと思い込める感受性は、その星のかけらの鋭い刃先でみずからの心を傷つける。
ポケットに名言を (角川文庫)

現代の生きづらさの正体。

それは『詩を作るより、田を作れ』の価値観である。

等価を生み出さないものは排除され、田を作るものが重宝される。

人間が現実社会で生活する為に『田』は無くてはならないものだが、心が死ねば、肉体も死ぬ。

肉体を養おうとして、田作りに絶望し、田んぼの真ん中で死んでいくのは皮肉な出来事。

詩は時として死の恐怖さえ打ち砕くけれど。

本 diary

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる