TAG

地学の話題

  • 2019年8月3日

海底鉱物資源を採掘せよ 世界を変える金属と深海潜水艇のパイロット

なぜ海底鉱物資源の採掘が必要なのか、技術的難易度から説明。文明を支える希少金属と鉱業の現状、世界を制する鉱山会社との攻防を描いています。採鉱プラットフォームを完成させ、有人潜水艇のパイロットを探し求める過程で、『リング』と呼ばれるユニークな海洋都市の構想を知りますが、海洋開発をめぐって意見が対立。それでも採用に漕ぎ着けるまでのエピソードを収録。実際に開発が進む海底鉱物資源の採鉱システムのモデルや採掘に伴う環境破壊に関する情報も紹介しています。

  • 2019年8月3日

文明を支えているのは科学技術ではなく、鉱害病でボロボロになった人の手だから ~レアメタルと海底鉱物資源の採掘

ニムロディウムは激しい噴火や大きな地殻変動によって惑星深部から地表にもたらされ、鉱床の大半は地中の奥深くに存在する。高品位のニムロディウム鉱石を採掘するのに、地下数百メートルに坑道を掘り、摂氏四十度近い高温多湿の環境で、重さ二〇キロのマシーンを抱えて何年も岩盤を掘り続ければ、人間の身体がどうなるか、君にも想像がつくだろう。海底鉱物資源の採掘が実現すれば、世界の構図も変わるだろう。

  • 2019年8月3日

鉱山会社と稀少金属の寡占 ~それでも海洋技術は簡単に真似できない~

海底鉱物資源の採鉱システムに対抗して、稀少金属ニムロディウムの市場を一手に収める鉱業界の巨人ファルコン・マイニング社が動き出す。ウェストフィリア近海に資源調査権を取得して、進出の足がかりとするのが目的だ。採鉱プラットフォームのスタッフらは動揺するが、困難を知り尽くすヴァルターは海洋技術は簡単に真似できないと看破する。

  • 2019年8月3日

深海に眠る海底鉱物資源を探せ 海洋調査のオファーと資源探査の社会的意義

ウェストフィリア島と近海に眠る鉱物資源を探査する為、開発公社の命を受けてオリアナが深海調査のオファーに訪れる。鉱山会社ファルコン・マイニング社が出資する組織だけにヴァルターも調査の意義に懐疑的だ。一方、ウェストフィリア探鉱がもたらす利益と潜水艇の新米パイロットがおかれた立場を思い、ヴァルターはオファーを引き受ける。

  • 2019年8月3日

自然保護か、産業開発か 科学の良心と生命への敬意が海洋社会の公益をもたらす

土着生物の発見と資源開発をめぐり、宇宙開発機構による公聴会が開かれる。自然保護など必要ないと主張する鉱山会社と、生命に謙虚であるべきとする彼の間で議論になるが、共存共栄を願う彼の言葉は大勢の胸を打つ。モデルとなったカムチャッカ半島の火山や自然の風景も併せて。