TAG

人と社会

人と社会の関わりについて考察。

  • 2019年8月3日

締め切り大堤防と土木技師の矜持 水害から干拓地を守る ~オランダの堤防探訪

土木技師の父親はオランダで堤防管理をしている。アフシュライトダイク(締め切り大堤防)に魅せられ、国土の礎を築く仕事に誇りを感じたからだ。その精神は息子に受け継がれ、次代の海洋都市『リング』結晶する。鋼製ケーソンの二重ダムで海水を仕切り、内部の水を排水して海底面に大地を現す構想だ。2018年に撮影した写真やアフシュライトダイクのCM動画もまじえて、締め切り大堤防の魅力やコルネリス・レリーの偉業を紹介しています。

  • 2019年8月5日

戦争とは歴史の無慈悲なロシアン・ルーレット 映画『ディアハンター』

運が悪ければ頭が吹っ飛び、運がよければ生き延びる。敵国だろうが同盟軍だろうが、貧乏人に待ち受ける運命はみな同じ。気まぐれにロシアン・ルーレットを弾く手は、決して自ら汚れることはない。ロバート・デニーロとクリストファー・ウォーケンの名演が素晴らしい反戦映画の傑作。

  • 2019年8月3日

処世の知恵と真理の違い 人は魂で生き、理性で現世を渡る

最愛の父を亡くしたヴァルターは経済的理由から母の昔の婚約者で再婚相手の家に身を寄せるが、継父のラクロワ氏は父とは全く異なる価値観の持ち主だった。ラクロワ氏の説く処世術はどれも納得いくものだったが、父の教えの方が心にしみる。真理は処世とは異なることを実感するうち、継父への不信感を募らせていく。

  • 2019年8月3日

復興ボランティアと心の再建 ~今日の努力が常しえに故郷を支えるように

洪水で壊滅した故郷では復興ボランティアが全力で植樹や土壌改良を行い、町の再建に力を尽くしていた。一方、自治体は沿岸を埋め立て、商業施設を建設することを画策。元住民は反発するが、様々な思惑が交錯し、再建は一向に進まない。オランダの干拓地や海岸線の写真を掲載。水と共に生きてきた国の歴史が窺える。

  • 2019年8月3日

建築家の詭弁と住民無視の再建計画 一人の意思もった人間として抗う

壊滅した故郷の干拓地の再建をめぐって元住民と、臨海都市計画を推し進める自治体の間で軋轢が生じる。アイデアコンペに参加して住民の声を届けようとするヴァルターは建築家フランシス・メイヤーの講演に出掛け、彼の描く商業施設が決して数百年先の干拓地の未来を慮るものではないことを見抜き、猛然と抗議する。

  • 2019年7月31日

ロシアとソ連と国家のイメージ ~自分は洗脳されないと言い切れるのか

ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』をもっとよく理解するなら、ロシア+ソ連の歴史は欠かせないので、先年、日本に帰国した時、入門編として二冊の本を買い求めたのですが、類に漏れず、明るい話はないですね。良い時もあったのかもしれないけど、ロシ […]

  • 2019年4月1日

やりたい職業がなければ、どうやって生活していくか考えよう

「私は偏差値50くらいで得意科目は数学や化学です。面倒くさがりでネガティブですが、人と触れ合うのは好きです。小さい子は苦手です。なにか向いている職業はありませんか」という高校生の為のキャリア相談室より。やりたい事もない。夢もない。何をしていいか分からない。ならば、これから先、どうやって生活していくかを考えようという話。

  • 2019年8月3日

深海の接続作業と採鉱予定区のマッピング ~海底鉱物資源採掘の成否を決定するもの

潜水艇のパイロットであるヴァルターは海底鉱物資源の採鉱プラットフォームのミッションが高電圧リアクターと揚鉱管の接続と知り、動揺するが、運航チームのフーリエから大きな機材を見せられ、「オレでも海底でマドレーヌが焼ける」と励まされる。採鉱事業の成否を決めるのは海底地形と鉱物の賦存状態を正確に把握することだ。そのマッピング技術について説明を受ける。