注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
TAG

人と社会

  • 2020年3月8日

死刑制度は本当に遺族と社会を救うのか ~映画『デッドマン・ウォーキング』

死刑囚の精神的アドバイザーを務めるシスター・ヘレンは、死刑宣告されたマシューと面会するうち、死刑が本当に解決策なのか疑問を抱くようになる。一方、我が子を殺された遺族は激しい憎悪をつのらせ、死刑にすべきとの態度を崩さない。死刑囚と遺族感情の間でヘレンは苦悩しながらも、最後までマシューに寄り添うことを決意する。

  • 2020年3月3日

世界を変える技術と人間の可能性 産業発展と共存共栄の精神

世界初となる海底鉱物資源の採鉱プラットフォームを訪れたヴァルターは、アル・マクダエルの熱意と気魄に圧倒され、逆に意気消沈する。そんな彼にアルは産業発展の要は共存共栄の精神であることを説き、いやいやでも海の仕事をするうちに自分が何ものかを思い出すと励ます。

  • 2020年2月28日

生まれた時代が悪いのか、それとも俺が悪いのか ~ガラクタでも輝けた1960年代

「生まれた時代が悪いのか、それとも俺が悪いのか。何もしないで生きてゆくなら、それはたやすいことだけど」。若者が権力に逆らった時代でもある1960年代の追想と、スポーツ界の敗者について綴るコラム。ガラクタでも光り輝ける時代の寛容さと現代の厳しさ。

  • 2020年2月15日

この世に絶対的正義は存在するのか ~罪の平原に立てば、人の罪は同じ

鉱業局の調査官が採鉱プラットフォームの立ち入り調査にやって来る。ヴァルターはファルコン・マイニング社の差し金と疑い、否定的な態度を取るが、調査官は相対する二つの正義について語り、罪の平原に立てば、鉱山労働者への責は皆同じだと説く。