谷川俊太郎の詩  ~世界が私を愛してくれるので~

目次

世界が私を愛してくれるので

私が谷川俊太郎さんの詩に魅せられたのは、初期の詩集、『空の青さを見つめていると』に収録されている『世界が私を愛してくれるので』がきっかけです。

私にとって、後にも、先にも、これに優る詩はありません。

世界で最愛の詩です。

世界が私を愛してくれるので

世界が私を愛してくれるので
(むごい仕方でまた時に やさしい仕方で)
私はいつまでも孤りでいられる

私に始めてひとりのひとが 与えられた時にも
私はただ世界の物音ばかりを 聴いていた

私には単純な悲しみと喜びだけが 明らかだ
私はいつも世界のものだから

空に樹にひとに 私は自らを投げかける
やがて世界の豊かさそのものとなるために ……

私はひとを呼ぶ すると世界がふり向く

そして私がいなくなる

「私はひとを呼ぶ すると世界がふり向く そして私がいなくなる」 

この一行に収められた世界観は、実存主義に限りなく近いかな、と思います。

実存主義とは、分かりやすく喩えれば、元々、実体というものは存在せず、あなたがそれをどう定義するかで、そのものの意味が変わってくる・・ということですね。

もし、「あなたは何者ですか?」と問われたら、多くの人は、「私は、メーテルという名前の女性です」と答えるでしょう。

銀河鉄道999のファンなら、「鉄郎と一緒に旅をする女の人」「女王プロメシュームの一人娘」「機械の身体をタダでくれる星の人」と説明すると思います。

でも、実際、メーテルがどんな人間か、誰にも定義することなどできないですね。

鉄郎から見れば、「綺麗で、頼りがいのあるお姉さん」。

車掌さんから見れば、「ミステリアスな、999の常連客」。

女海賊エメラルダスから見れば、「宇宙でたった一人、解り合える心の友」。

宇宙海賊ハーロックから見れば、「深い業を背負った、時の流れを旅する女」。

いろんな人から見た、いろんなメーテルが存在します。

そして、メーテル自身も、自分が何ものかなど、絶対的に定義することはできません。

ある時は、「母を慕う娘」。

ある時は、「機械化母星と戦う女戦士」。

ある時は、「鉄郎を恋する女」。

だから、劇中でも言いますよね。「(プロメシュームの娘である自分も、鉄郎と共に戦う私も)どちらも私。本当の私なのです」

つまり、「メーテル」という存在に、絶対的な定義や意味は存在せず、周りが、あるいは自分自身が「メーテルって、こんな女性だよね」と思えば、そこに「女戦士であるメーテル」とか、「綺麗なお姉さんのメーテル」とかが、『実存する』わけです。

『世界が私を愛してくれるので』の世界観は、まさに自分と世界の関わりを謳った詩で、そこに、定義された「世界」や「私」は存在しません。

「世界」が「私」という存在を、「戦う人」と思えば、そこに「戦う私」が存在するし、逆に、私の方が「世界」を「苦しみばかりの世界」と捉えれば、そこに「苦界としての世界」が存在します。

つまり、「世界」も「私」も、最初から決まった形で存在するわけではなく、「世界」と「私」の関わりの中で、どんな風にでも認識されるわけですね。

世界が私を憎むこともあれば、私が世界を憎むこともある。

また逆に、世界が私を愛することもあれば、私が世界を愛することもある。

この詩においては、「世界が私を愛してくれるので (むごい仕方でまた時に やさしい仕方で)私はいつまでも孤りでいられる」と謳っています。

つまり、世界の私に対する愛は、いわゆる「可愛い」とか「大切」みたいな愛念ではなく、臍の緒で深く繋がった、母胎と胎児のようなものです。

世界という母胎の中に、「私」という存在があり、私がどんな風に生きようと、決して切り離されることはありません。

好い時も、悪い時も、世界が私を包んで、私を生かしてくれるから、私も孤独を感じることなく、孤りを楽しむことができます。

ここでいう孤独とは、寂寥や孤立ではなく、Solitude。 俗世から超越した、仙人みたいな心境です。

そういう心境で、残りのパートを読めば、何ものにも煩わされない、明鏡止水の境地――あるいは、世界をありのままに受け止め、生を愛する、豊かな心情が感じるでしょう。

そして、そんな世界が、私に振り向いて、優しく微笑みかけてくれると、私は居なくなります。

ここでいう「私」とは、実体としての“○○さん”ではなく、世界が思う「私」です。

何故なら、元々、「私」というものは存在せず、何ものでもない。

世界が「こうだ」と思って振り向く時、そこには世界が定義する「こんな人」ではなく、ただただ自分というものがあるだけだからです。

さながら風が木の葉をそよがすように

さながら風が木の葉をそよがすように
世界が私の心を波立たせる

時に悲しみと言い時に喜びと言いながらも
私の心は正しく名づけられない

休みなく動きながら世界はひろがっている
私はいつも世界に追いつけず
夕暮や雨や巻雲の中に 自らの心を探し続ける

だが時折私も世界に叶う
風に陽差に四季のめぐりに 私は身をゆだねる──
──私は世界になる
そして愛のために歌を失う

だが 私は悔いない

人間が饒舌なのは、世界を自分の好きなように解釈したいからです。

しかし、愛は多くの言葉を必要としません。

何故なら、世界との深い一体感があるからです。

ミランダ

私は言葉を休ませない

私は言葉を休ませない

時折言葉は自らを恥じ 私の中で死のうとする
その時私は愛している

何も喋らないものたちの間で 人だけが饒舌だ
しかも陽も樹も雲も 自らの美貌に気づきもしない

速い飛行機が人の情熱の形で 飛んでゆく
青空は背景のような顔をして その実何も無い

私は小さく呼んでみる 世界は答えない

私の言葉は小鳥の声と変わらない

詩人の魂は、世界の奥深くに入って行こうとします。

だけども、世界を言葉で表すには、言葉だけでは不十分なんですね。

時に喋り、時に沈黙する。

沈黙するのは、たいてい、言葉の限界を感じる時です。

ウィリアム・ウォーターハウス

私が歌うと

私が歌うと 世界は歌の中で傷つく
私は世界を歌わせようと試みる
だが世界は黙っている

言葉たちは いつも哀れな迷子なのだ
とんぼのように かれらはものの上にとまっていて
夥しい沈黙にかこまれながらふるえている

かれらはものの中に逃げようとする
だが言葉たちは 世界を愛することが出来ない

かれらは私を呪いながら
星空に奪われて死んでしまう

──私はかれらの骸を売る

谷川俊太郎さんの詩は、一言で言うなら、『宇宙』ですね。

誰にも属さず、誰にも真似できない、完全に独立した一つの小宇宙のように感じます。

たとえば、詩を書く人はたくさんいるけれど、本物の詩人は少ない。

有名な詩は多いけれど、天性を感じさせる詩は少ない。

そして、谷川さんは、唯一無二の詩人であり、シンプルな言葉の羅列を芸術の域にまで高められる人という気がします。

ちなみに、お父さまは、哲学者の谷川徹三さんです。

宮沢賢治さんの作品を世に広く知らしめた方です。

京都・祇園の名妓だった岩崎峰子さんの著書『祗園の教訓―昇る人、昇りきらずに終わる人 (だいわ文庫)』の中に、谷川徹三さんとのやり取りが紹介されているのですが、谷川さんの仰る「物事はね、感じたままでいいんだよ」という言葉が今も心に残っています。

書籍の紹介

 空の青さをみつめていると 谷川俊太郎詩集1 (角川文庫 (2559)) (文庫)
 著者  谷川 俊太郎 (著)
 定価  ¥1
 中古 60点 & 新品   から

二十一歳のときの第一詩集『二〇億光年の孤独』をはじめ三十三歳の【週刊朝日】連載の時事諷刺詩まで、主要作品を年代順に自選形式で網羅。宇宙的なものへ、社会的なものへ、前進的で活動的作品である。

谷川さんの類い希なるセンスと世界観がたっぷり味わえる初期の傑作集。
「空の青さを見つめていると 私に帰るところがあるような気がする」なんて言えそうで言えません。
まさに天才。
初めての方にもおすすめの一冊です。

 これが私の優しさです 谷川俊太郎詩集 (集英社文庫) (文庫)
 著者  谷川 俊太郎 (著)
 定価  ¥528
 中古 81点 & 新品  ¥1 から

ピンポンをするようにごく自然に詩を書き始めた青年は、やがて「ことばあそびうた」をあそび、自らの声でその詩を語り、透明感あふれる日本語宇宙を広げていった。いつもいちばん新鮮でいちばん懐しい谷川俊太郎の決定版・代表詩選集。

 二十億光年の孤独 (集英社文庫) (文庫)
 著者  谷川 俊太郎 (著), 川村 和夫 (著), W・I・エリオット (著)
 定価  ¥616
 中古 72点 & 新品  ¥60 から

「二十億光年の孤独」「ネロ」「はる」「わたくしは」……ひとりの少年が見つめた宇宙、孤独、そして未来──半世紀を超えて輝き続けるデビュー詩集が初の文庫化

これも言うまでもない名詩集ですね。円熟期の作品もいいですが、やはり初期の瑞々しい詩に惹かれます。

その他のおすすめ

セイレーン、マーメイド、魔性の女、異教のヴィーナス、誘惑する水界の魔女など、可憐で妖艶な水の女たちを集めた異色の画集。ラファエル前派や世紀末の画家たちが描いた、19世紀ロマン主義の官能と退廃

ウィリアム・ウォーターハウスをはじめ、ラファエル前派の絵画に興味をもったら、この本がおすすめ。
西洋の様々な神話や伝説を織り込んだ、幻想的で美しい大人の絵本です。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる