素晴らしい哲学は10代~20代に出会うべし

目次

素晴らしい哲学は10代~20代に出会うべし

作中でも繰り返し登場しますが、本作はニーチェの名言『これが生だったのか。それなら、よしもう一度! 』が全ての核になっています。

人生で一番感動したのがこの一文――

というより、あの分厚い『ツァラトゥストラ(手塚富雄・訳)』を必死に読み進めて、最後の最後に、この一文に出会った瞬間が忘れられないからです。

文学にしても、哲学にしても、「生きること」や「愛すること」をテーマにした本は、10代~20代、遅くとも30代には読まないといけません。

40歳を過ぎると、説教くささが鼻について、理想より現実、人生論より実利の方が優るからです。

それでも、10代~20代に感銘を受けた文学や哲学は、一生心の中で色褪せないものです。

たとえ、年を取ってから、違和感を覚えても、永遠の太陽みたいに心の中で燦然と輝き続けます。

純粋さと盲信は紙一重ですが、純粋さをなくして感動はありません。

そして、人間が馬鹿みたいに感動できるのも、10代~20代のうちなのです。

本に限らず、映画でも、漫画でも、10代から20代のうちに、いい作品にたくさん触れましょう。

「いつか読もう」と思っても、その時には感動も薄れ、頭が受け付けなくなっているからです。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる