手紙は距離を感じさせるだけ

2019 8/06

便りがない方が、身近に感じられていいの。

手紙は距離を感じさせるだけだわ

チャイナ・ドール

電話が発明された時、「これで人間は孤独から解放される」と人々は期待したが、実際には、鳴らない電話を待ち続け、いっそう孤独をかみしめただけだった。

Eメールが登場した時、「いつでも手軽にメッセージをやり取りできる」と人々は期待したが、実際には、受信通知が気に掛かり、いっそう神経質になっただけだった。

SNSが登場した時、「いろんな人と繋がることができる」と人々は期待したが、実際には、『既読』や『いいね』に囚われ、いっそうプレッシャーが増しただけだった。

こうして、どんなツールが登場しても、人々は好ましいレスポンスを期待し、その度に裏切られ、孤独や疑念を増していく。

応酬の手間が軽ければ軽いほど、待ち時間が短ければ短いほど、耐性も弱まり、感情も激しく振幅するようになる。

物理的な距離が心の距離感を縮めることもあるけれど、反面、期待値ばかりが上昇して、その分、失望感や疎外感も計り知れないだろう。

何のレスポンスもない方が相手を身近に感じる……というのは、そこに無視も裏切りもないからだ。

最後の便りの印象の中で、相手はいつまでも好ましい人物あり続ける。

無視されることもなければ、期待外れの言葉を聞くこともなく、思い出は永遠だ。

それは非常に一方的で、空想的な関係なのだけど、好意を長続きさせたければ、頻繁にメッセージをやり取りするより、適度な『間』を置くとくのが永遠の真理という気がする。

 両手いっぱいの言葉―413のアフォリズム (新潮文庫) (文庫)
 著者  修司, 寺山 (著)
 定価  ¥649
 中古 58点 & 新品  ¥1 から
目次
閉じる