ノート

手紙は距離を感じさせるだけ

ノート

便りがない方が、身近に感じられていいの。

手紙は距離を感じさせるだけだわ

チャイナ・ドール

電話が発明された時、「これで人間は孤独から解放される」と人々は期待したが、実際には、鳴らない電話を待ち続け、いっそう孤独をかみしめただけだった。

Eメールが登場した時、「いつでも手軽にメッセージをやり取りできる」と人々は期待したが、実際には、受信通知が気に掛かり、いっそう神経質になっただけだった。

SNSが登場した時、「いろんな人と繋がることができる」と人々は期待したが、実際には、『既読』や『いいね』に囚われ、いっそうプレッシャーが増しただけだった。

こうして、どんなツールが登場しても、人々は好ましいレスポンスを期待し、その度に裏切られ、孤独や疑念を増していく。

応酬の手間が軽ければ軽いほど、待ち時間が短ければ短いほど、耐性も弱まり、感情も激しく振幅するようになる。

物理的な距離が心の距離感を縮めることもあるけれど、反面、期待値ばかりが上昇して、その分、失望感や疎外感も計り知れないだろう。

何のレスポンスもない方が相手を身近に感じる……というのは、そこに無視も裏切りもないからだ。

最後の便りの印象の中で、相手はいつまでも好ましい人物あり続ける。

無視されることもなければ、期待外れの言葉を聞くこともなく、思い出は永遠だ。

それは非常に一方的で、空想的な関係なのだけど、好意を長続きさせたければ、頻繁にメッセージをやり取りするより、適度な『間』を置くとくのが永遠の真理という気がする。

 両手いっぱいの言葉―413のアフォリズム (新潮文庫) (文庫)
 著者  寺山 修司
 定価  ¥ 637
 中古 56点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 4.3 (11 件のカスタマーレビュー)

Tags: ,

寺山修司の関連記事

よくわかることは 実は 自分を失くすること

学生時代の寺山修司と山田太一の書簡から。『よくわかることは 実は 自分を失くすることなんじゃないだろうか』という寺山修司の一言に関するコラム。

少女

つきよのうみに いちまいの てがみをながして やりました / つきのひかりに てらされて てがみはあおく なるでしょう / ひとがさかなと よぶものは みんなだれかの てがみです 海は、それを見る人の心の鏡であり、それ自体が何かを物語るわけではない。だから、海をどう表現するかを見れば、その人の心が分かる。海が美しいのではなく、海を想う人の心が美しいのである。

政治 人々 Notes

ぼくらが仕事していくには、まわりのものに目をくれていちゃいけないんだ。革命家はね、道端にひなげしの花が咲いてもそれにわき目をふっちゃいけないんだ。こうして、万人の為の活動が、いつしか自己の正当性をアピールする為の手段になっていく。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG