注目キーワード
  1. 堤防
  2. 深海
  3. 宇宙
  4. SF
  5. 人間ドラマ
運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

「幸せについて考える」ということ

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

人間、必ずしも幸せになる必要はないけれど、何が自分にとって幸せか、真剣に考えることは決して無駄ではない。

なぜなら、「自分が本当に欲しているもの」「自分に本当に必要なもの」が見えてくるからだ。

「自分のことは、自分自身が一番よくわかっている。私は望み通りに生きている」と思っていても、傍から見れば、的外れな方向に走っていることもある。

本当は負けを認めるのが怖いのに、相手を落とすことに必死になっているとか。

本当は愛し愛されたいのに、「男は必要ない」とか「結婚は自由を奪う」とか、もっともらしい理屈を付けて、自分にも周りにも言い聞かせているとか。

そのまま押せ押せで人生を終わっても損はないかもしれないが、自分の本音から目を反らし、自分も周りも欺く生き方は、どこかで無理が生じる。

生きるのが辛いとか。

頑張ってるのに苦しいとか。

何を得ても空しいとか。

何を得ても満たされない嫉妬と競争心 人間としての誇りはどこへ? 』にも書いているように、本当に欲しいものから目を背けて、誤った方向に突き進むと、後に残るのは悔いだけだ。

「人生を無駄にする」ということは、負けて、劣って、終わることではない。

本当の自分を理解しないまま、言い訳にうもれて、「自分のものではないような」人生を生きてしまうことだ。

たとえ人の羨むような成功を手に出来なかったとしても、自分が本当に欲するものに向かって真っ直ぐに生きられた人は幸せである。

初稿 2011年2月20日

<hr>

とはいえ、オリアナみたいな人間も憎むことはできないのだ。

一番書いていて楽しいのは、オリアナだし。

彼女は「その他大勢」の代表。
踏みつけられた人間の悔しさは、虐げられた者にしか分からない。
彼女には彼女の理屈があり、それに正直に生きているところが、非常に魅力的に感じる。
実際に存在すれば、イヤな女なんだろうけどね。

*

写真はオランダの伝統的な家屋で見かける庇。

窓の外側に取り付けられていて、日差しが強くなると、パーラーみたいに外側に下ろして、光を遮る。

色柄も家屋によってまちまちで、雨に打たれ、日に焼けて、ちょっと色褪せたところに味わいがある。

彼女もこういう町中に生まれ育って、のんびり暮らしていたら、あんなひねくれた人間にはならなかっただろうに。

周りに居た人間も悪かった。

だから、心から責められない。

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

Tags: , ,

詩想と引用の関連記事

恋愛 カップル

「あなたが好きなの。初めて会った時からずっと……自分でもどうしようもないくらいに」  彼は、ついに言われた──と思い、リズもとうとう言ってしまった──と感じた。 「……知ってたよ。最後まで気付かない振りをしようと思ってた。だけど君を見ている […]

Notes of Life

知れば知るほど苦しみも増すが 知らなければ、得るものも無い。 いわば、悲しみや苦しみは、知ることの代償なのだ。 実のあるものを求める限り、影も付いてくる

海が好きというよりは、海に込められた思い出がいとおしい

海が好き──というよりは、海に込められた思い出がいとおしいのだ。 子どもの頃、はしゃぎ回ったあの海は、眩いほどの青色をしていた。 遠い故郷に帰って来たような懐かしい気持ちになる。 [su_quote] 『海は生きとし生けるものすべての故郷よ […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG