注目キーワード
  1. 仕事
  2. 美輪明宏
  3. キリスト教
  4. 哲学
デザイナーの心 意匠と形 ~社会への思いやりが都市設計の基盤となる

デザイナーの心遣いは形に表れる 意匠とデザイン

デザイナーの心 意匠と形 ~社会への思いやりが都市設計の基盤となる

社会の希望となるビジョン

混沌とする社会において、人々が求めるのは、心から共感できる指針です。

シンプルで、親しみやすく、なおかつ希望のもてるスローガン。

あるいは心惹かれる鮮やかなビジョン、キャラクター、シンボル、etc。

オリンピックや企業でも「こうありたい」という標語が掲げられますが、それは決してお飾りの理想ではなく、人々が一丸となって、大きな目標を達成する為の掛け声であり、戒めです。何の指針もない集団に一丸のパワーはありません。たとえ綺麗事でも、共通の標語を掲げるのは、意識の高揚を促すとともに、モラルを保つ為でもあると思います。

一方、社会の思想は、都市設計にも現れます。 『公共の芸術としての建築と住民の人間形成 安藤忠雄の『連戦連敗』より』にも書いているように、「どう生きたいか(暮らしたいか)」という願いや目標は、都市の作り方にも反映されます。住宅地には安全と快適が、商業地には活性化を促すような工夫が盛り込まれるように、基礎となるフレームワークには社会の意思が反映されます。大多数の幸福と発展を願うなら、そのフレームワークも、それにふさわしい精神の表れでなくてはなりません。言い換えれば、それは作り手の哲学や感性に依るところが大きいのです。

もちろん、理想だけで政はできませんし、清濁併せのむ余裕も必要でしょう。

だとしても、フレームワークは社会の理念を映し出すものであって欲しい。

歪んだ器に暮らせば、人の心もまた歪むのです。

【小説の抜粋】 デザインする心と社会への思いやり

長い試練を経て、ヴァルターは息子のルークと水上ハウスに暮らし始める。
一方、リズはEOS海洋開発財団の理事長として再び公の場に姿を現し、世間を驚かせる。
新たなスタートを切った二人の目に映るのは、水際に暮らす庶民の不安と、頼りになる導き手を失って混乱する社会の様相だった。

そんな中、ヴァルターはアンビルト・アーキテクトの精鋭、ジュン・オキタのオフィスを訪れ、初めて『リング』の鳥瞰図を見せる。

関連のあるエピソード → 誰がアイデアを形にするかで、この世は変わる ~人の意思と品性がアイデアの価値を高める

このパートは海洋小説『曙光』(第六章・断崖)の抜粋です。詳しくは作品概要をご参照下さい。

【リファレンス】 

こちらは、未来のGreen House。野菜工場と住居が一体となったユニークな構想です。
実用的かつ美麗で、エコロジカル。絵や動画で、その理念は十分に伝わりますね。

こちらはフランスのパリで構想されている、Smart City。
実際に建設されたら「虫」や「枯れ葉」で煩わされそうな気もしますが、アイデアとしては面白い。

このように、人は何を構想してもいいし、何を表現してもいい。
要は、どこまで説得力があり、公共性に富むか、です。

その他の壮麗な未来都市のイメージ。

地下空間を利用した未来都市のアイデア。天井をガラス張りにし、採光を高めると共に、開放感を醸し出します。

グリーンが美しいけど、手入れも大変そう。

アイデアはユニークだけど、地震の多い都市では絶対に無理ですね。

こちらも物理の法則無視系のアイデア。でも綺麗ですよね。

作中に登場する、『コウテイペンギンの子育て』はこの通り。
身を寄せ合って巨大なコロニーを形成し、南極のブリザードも耐え抜きます。

メスは遠い海まで餌となる魚を捕りに出掛け、お腹の中にたっぷり蓄え、赤ちゃんペンギンに与えます。いろんな子育ての形があります。

第六章 断崖 Googleブックスで試し読み
5

導き手を無くした海洋社会アステリアは混迷し、既存企業と新興勢力の対立が浮き彫りになる。新たな資本グループは世界的建築家メイヤーを擁して、富裕層向けの海上都市パラディオンの建設を推し進めるが、庶民を踏みつけにする巨大計画にNOを突きつけるべく、ヴァルターは対案として《リング》を提示する。
Googleブックスで試し読みできます。

海洋小説 《曙光》 MORGENROOD
ブックカバー
宇宙文明を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業の攻防と、海洋社会の未来を描く人間ドラマ。心に傷を負った潜水艇のパイロットが、恋と仕事を通して成長する物語です。