ゴシック ファンタジー

人は「時を見る」ことなどできない 

人は「時を見る」ことなどできない。見ることができるのは、「時計」なのである。

寺山修司の仮面画報

人は「それ」をどのように認識するのだろう?

たとえば、「愛」なら、ダイヤモンドやケリーバッグで感じるかもしれないし。

情熱的な恋文でそれを実感する人もあるかもしれない。

「名誉」なら、周囲の賞賛と媚びへつらい。

「友情」なら、入院中に見舞ってくれる友達。

それが誤解であれ、期待外れであれ、私達は、物質、肩書き、行為、言葉といった、形あるものを通して、形なき概念を「事実」として認識する。

いわば、認識とは99パーセントの真実と1パーセントの想像力であり、その1パーセントの受け止め方によって、単なる古時計も、『思い出の時計』になったり、『無価値なガラクタ』になったりするわけだ。

彼氏がプレゼントしてくれた時計を、「こんな安物、愛が足りないわ!」と怒り出す人もあるだろう。

この世に『同じ認識』は二つと無く、一本の薔薇も、見る人によって美しさは異なる。

薔薇、それ自体が美しいか否かより、受け取り側の感性によるところも大きい。

言い換えれば、事象は事象であって、それ自体は何の意味もなさない。

受け手の想像力によって、はじめて意味のある何かになる。

認識とは、知恵の入り口であり、理解の第一歩だ。

私たちが、私たち自身によって、唯一コントロールできるのは、薔薇の香りではなく、己の認識である。

[amazonjs asin=”4101430217″ locale=”JP” title=”両手いっぱいの言葉―413のアフォリズム (新潮文庫)”]

Tags: ,

寺山修司の関連記事

ボクサー

『おまえの時代』など永遠に来なくても、人は何かしら作り出すことができる。商品であれ、家族であれ。運にも幸福にも見放された人にも、創意は残されている――というのが、人間の真の偉大さではないでしょうか。

テディベア

それは親を一人の人間として赦せた時です。『子供』の目には、親はどこまで行っても『親』でしかありません。だけども、心が成長して、子供と大人の境界を越えると、親を一人の人間として理解し、受け止められるようになります。ああ、この人も、弱さ、脆さをもった、一人の人間なんだな、と。

オランダ ニシン

それは「今晩、何を食べようかしら」という悩みです。やっと再就職が決まった時、ふらりと立ち寄ったコンビニで、『タラコおにぎり』を買いました。白米、一粒一粒のなんと美味しかったこと。ご飯って、こんなに素晴らしいんだと感動しましたよ。