Too Sad 空しい祈り

Too Sad 淋しい祈り

Too Sad 空しい祈り

悲しすぎる夜
私は力なく神の門をたたく

それで明日が
変わるわけではないけれど

誰かの耳には 
聞き届けられるような気がして

初稿:2000年

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

運命は、それ自体に意味はないの。そこに意思が働いて初めて、意味のある何かになるのよ。あの人が栄光を掴んだとしても、それは幸運ではなく意思の勝利よ。運命のお膳立ては、決して本人の目には見えないのだから

熊と少年

「言葉の問題というのは、四肢やその他の障害と同じくらいダメージが大きいものです。なまじ普通に生活できるが為に、『喋れない』『読み書きできない』というだけで、低能や怠け者のレッテルを貼られてしまうのです。それで本人もますます心が萎縮して、本来 […]

女性

人は、自分に理解できるものしか理解しない。 本来、常識などというものは、どこにも存在せず、 『自分に分かるもの』と『分からないもの』の尺度があるだけで、 多くの物事は主観によって価値が決まる。 そして、多数が支持するものを【常識】と呼ぶ。 […]