電車 Notes

去年の汽車に ことしのおいらが乗るってことはできないだろう

電車 Notes

寺山修司の戯曲『血は立ったまま眠っている』より

子供だけど待ってたって永久に汽車にのれないって知らなかったんだ、ねえ張さん、去年の汽車は、今、すぐそこをでも走ってるよ。
ちっとも見えないじゃないか
子供目がわるいからだ。去年の汽車は、こんな夜でもすごい轟音でおれたちの目の前を走っている。ゴオゴオってすごい音をたててね。……ただいくら走っても走っても去年の汽車にことしのおいらが乗るってことはできないだろう。

時は足早に過ぎ去る。

自分は何も変わらないのに、世界の物事は物凄い勢いで傍らを走り去っていく。

過ぎ去ったものに、憧れても、悔やんでも、どうすることもできない。

それを諦念とするか、後悔のままとどめ置くかはその人次第。

ただ一つ、確かなのは、去年の汽車に今年のあなたが乗ることはできない、ということ。

 戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている (角川文庫) (文庫)
 著者  寺山 修司
 定価  ¥ 648
 中古 23点 & 新品  ¥ 1 から
 5つ星のうち 2.9 (2 件のカスタマーレビュー)

Tags: ,

寺山修司の関連記事

女性 ファンタジー

「僕とちがって姉さんは勇気があります。それに学問がある。十八なんだけど、ぼくには姉さんの年がそのまま世界の年のような気がするんだ。それにぼくと血がつながっているくせに詩人なんです」この世の中において、堂々と詩を書けるのは、『自分の心』というものをしっかり持ち続けられる強さに他ならないから。

notes 猫

ふしあわせという名の猫がいる いつもわたしにぴったりよりそっている でも その猫は気まぐれなので 突然 どこかに行ったりします..

本 diary

シベールの日曜日は現代に生きるためには、無垢な心がどのような報復をうけねばならないかということを物語る残酷な映画であった。ガラス玉を星のかけらと思い込める感受性は、その星のかけらの鋭い刃先でみずからの心を傷つける。現代の生きづらさの正体とは。