電車 Notes

去年の汽車に ことしのおいらが乗るってことはできないだろう

電車 Notes

寺山修司の戯曲『血は立ったまま眠っている』より

子供だけど待ってたって永久に汽車にのれないって知らなかったんだ、ねえ張さん、去年の汽車は、今、すぐそこをでも走ってるよ。
ちっとも見えないじゃないか
子供目がわるいからだ。去年の汽車は、こんな夜でもすごい轟音でおれたちの目の前を走っている。ゴオゴオってすごい音をたててね。……ただいくら走っても走っても去年の汽車にことしのおいらが乗るってことはできないだろう。

時は足早に過ぎ去る。

自分は何も変わらないのに、世界の物事は物凄い勢いで傍らを走り去っていく。

過ぎ去ったものに、憧れても、悔やんでも、どうすることもできない。

それを諦念とするか、後悔のままとどめ置くかはその人次第。

ただ一つ、確かなのは、去年の汽車に今年のあなたが乗ることはできない、ということ。

 戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている (角川文庫) (文庫)
 著者  寺山 修司
 定価  ¥ 648
 中古 24点 & 新品  ¥ 1 から
  (0 件のカスタマーレビュー)

Tags: ,

寺山修司の関連記事

女性 旅

「言葉を友人に持ちたいと思うことがある。それは、旅路の途中でじぶんがたった一人だということに気がついたときにである」言葉と共に生きた寺山修司が映画や文学、昭和歌謡の味わい深いフレーズについて解説する珠玉の名言集。

グランドキャニオン

自分が立てば、周りは二の次になる。周りを優先すれば、自分がなくなる。自分と他者との関係はいつでもシーソーです。

女性

『この世で一番きれいな人は誰ですか』という問いかけは、美意識ではなく、自己顕示であり、支配欲である。ゆえに、『この世で一番きれいな人は誰ですか』という問いかけは、絶え間ない競争や劣等感をもたらし、決して本人を幸せにしないのだ。見かけの美しさが運なら、自身の心の中に美を見出すのは知恵だから。