心の旅 物事の意味に気づく時

心の旅 物事の意味に気づく時

心の旅 物事の意味に気づく時

ぐるっと一周、心の旅を終えたら、同じゼロ地点に戻ってきた。

その時、私は、どんなに彼に愛されていたか、心の底から実感することが出来たよ。

あの悲しみも苦しみも、私には絶対必要なものだった。

神様に与えられた愛の課題を見事に解いたような気がするわ。

そうして心の旅を終えたら、何倍も大きくなった私がいた。

もう二度と、夜に心を閉ざしたりしないだろう。

全ての出来事には意味が有る。

その意味を見出すのが、私たちの仕事であり、人生だと思う、今日この頃。

初稿:2003年

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

惑星 Notes

1998年のこと。 パソコン通信のフォーラムに飽きたのがキッカケで自サイトを作ろうと思い立ち、かの有名な制作ソフト『IBM ホームページビルダー』をいじりながら、肝心の『タイトル』を考えていた時、ふと目に入ったのが、CDラックに飾ってあった […]

運命はそれ自体に意味はない 意思が働いて初めて意味のある何かになる

「人生を無駄にする」ということは、負けて、劣って、終わることではない。本当の自分を理解しないまま、言い訳にうもれて、「自分のものではないような」人生を生きてしまうことだ。たとえ人の羨むような成功を手に出来なかったとしても、自分が本当に欲するものに向かって真っ直ぐに生きられた人は幸せである。

運命 出会いと別れ

他人の運命の歯車が、否応なしに自分の運命の歯車を回し、その歯車は、また別の人間の歯車を回していく。 人と人を出会わせ、また別れにいたらしめる運命とは一体なんなのか。 人は個々に独立した存在だが、運命は確かに人智を超えた次元に存在し、大いなる […]