MENU

自分の作品を「拙い(つたない)」なんて言うな

「拙い」とケンソンするホームページの素材屋さん

1998年、私がホームページを作り始めた頃、サイトの背景やアイコンなど、画像の大半は『ホームページの素材屋さん』に頼らなければなりませんでした。

「ホームページの素材屋さん」というのは、ペイント系のソフトウェアを駆使して、可愛いクマさんやキラキラアイコン、「New」「Click!」といったボタンを配布するサイトです。

↓私が一番お世話になった「Chizukoさんの素材

こんな可愛いホームページ用素材がいっぱいあったんですね。

Chizuko Homepage

Chizuko Homepage

当時、FacebookやTwitterはもちろん、「はてな」「アメブロ」みたいなブログサービスもありませんでしたから、みな、『IBMのホームページビルダー』みたいなアプリケーションを使って、自分でHTMLファイルを作成するしかありませんでした。

HTMLファイルというのは、テキスト以外に、 

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IBM//DTD HPB HTML//EN">
<HTML>
<HEAD>
<META name="GENERATOR" content="IBM HomePage Builder V3.0.5 for Windows">

<font style="font-size:16px;color:#80000;">

みたいなタグを書き込んで、ブラウザ表示できる形式に整えたものです。

しかし、テキストやHTMLタグは書けても、素材のイラストを作れる人は少数。

だから、多くのウェブサイト運営者は、プロ・アマを問わず、「ホームページの素材屋さん」から素材を拝借するのが一般的だったのです。

自サイトのコンセプトに合った、お洒落で可愛い素材を探し回るだけで数十時間、月額の通信料金を使い果たしたこともありました。まだネットが従量課金制だった、とおい、とおい、昔の話でございます。

*

そんでもって、素材屋さんの大半は『若い女性』でした。(ネカマも存在したかもしれないけど)

そのせいか、謙遜する人が多いんですね。

一番多いフレーズが、

拙い(つたない)素材ですが、お気に入りが見つかれば嬉しいです♪

それを見ながら、いつも思ってました。

「自分で一所懸命作ったなら、拙いなんて言うな」と。

気持ちは分かるんですよ。

PC雑誌で紹介されるトップクラスの素材屋に比べたら、自作はしょぼいし、人気もない。

こんなにいっぱい配布してるのに、誰も使ってなさそう・・しょぼん。

いいの、どうせ私の素材は下手だから。

でも、誰かが気に入ってくれたら、嬉しい。

その淋しさと、諦念と、かすかな期待が、「拙い素材ですが」という言葉になるのだろうと思います。

しかし。

私みたいに、ペイント系ソフトが上手に使いこなせず、まして可愛いクマのイラストとか、きらきら光るダイヤモンドとか、フリーハンドでも絶対に描けない人間から見れば、自分でソフトウェアを駆使して、クマを描いたり、色パターンを考えたりするだけでも凄いし、その上、自身で背部サイトを構築して、FTPでアップロードして、利用規約なども見よう見まねでこしらえて、「私の素材屋」の看板を出しているだけでも偉いと思うのですよ。

普通はそこまでやらない。他人の作ったものにケチをつけるだけ。

そうではなく、一時間でも二時間でもペイントソフトと格闘して、心の中のクマさんのイメージを具象化するだけでも、大きな価値があります。

それを「拙い」なんて言うな、と思うわけです。

それなりに時間をかけ、勉強し、手間暇かけて作ったものなら、堂々とウェブサイトに公開すればいい。

自分で自作を「拙い」なんて言ってたら、周りもそうみなします。

「ああ、こんなの大したことないんだ」って。

HTMLファイルを作成したこともなければ、ペイントソフトに触ったこともない、自分でクマのイラストすら描いたことがない人なら、余計でそう感じます。

私なんか、ペイントソフトで二重円を描くだけで、けっこう四苦八苦するタイプなので(キャンパスの設定すら分からない^^;)、どんなクマさんでも「凄いな」と感心しますけど。

「ケンソン」は自尊心の敵

私にとって、日本社会の一番苦手な部分は「ケンソン」です。

人に何かを褒められても、「大したことないです」と遠慮したり、(どうせお世辞でしょ)とひねくれたりする習性ですね。

だけども、多くの人が「謙遜」と称しているのは、「自分が傷付くのがイヤ」、もしくは相手を不快にさせない為に先回りして、へりくだってるケースが大半ではないでしょうか。

自分が一所懸命に選んだ贈り物でも「つまらないものですが」と前置きし。

必死で練習して、ホームランを打っても、「まぐれです」と遠慮する。

運動会のかけっこで一番になった我が子のことも「この子は大したことないから」とママ友の間では一段落としてみたり。(それを子供の前で言うから、みな、おかしくなるのね)

我が子を「愚息」と言うのは、日本だけだと思います。

アメリカ人はなぜ自己肯定感が高いのか

私が初めてアメリカを訪問した時、一番驚いたのは、クリスマス・パーティーで、誰もが「私が○○で選んだの。あなたにピッタリだと思うわ」と堂々とプレゼントを差し出すことでした。

間違っても、「つまらないものですが」など言わない。

娘がパーティーでピアノを披露する時も、

「皆さん、集まって! うちの娘がピアノを弾くわよ! ブラボー、ナタリー、この子は天才よ! 感動で涙が出ちゃう!! 素晴らしいわ!」

これでもか、これでもかと褒めちぎり、スター扱い。

間違っても、「下手な演奏ですが・・」なんてケンソンしない。

そりゃ、アメリカはエンターテイメント大国になりますよ。

子供の頃から親や教師や周囲の大人にこれだけ褒められて、自己肯定感を育まれたら、何でも堂々とアピールして、その勢いで技術も習得します。

それは他人に対する評価も同じ。

日本では、「ダンスを習っています」「陶芸やってます」とか言うと、「いちびり」「実力もないくせに」とか陰口三昧ですが、アメリカでは「ホームページを作ってます」というだけで、「凄いわ。あなたコンピュータができるのね!」。ブラボーな人扱い。むしろ趣味のない方が軽蔑される。ダンスでも、陶芸でも、小説でも、何をアピールしても、それが普通であり、個性なのです。

そうした経験を通して、日本で美徳とされる「ケンソン」がいかに個人の能力をスポイルし、自尊心を貶めるか、つくづく感じずにいられませんでした。

ケンソンなんて、何の役にも立たないどころか、人間関係を重苦しくするだけだと。

実際、仲間内でケンソンし合って、幸福に感じる人がいますか?

自尊心が満たされるでしょうか。

そうじゃない人の方が大半でしょう。

自分が相手にどう思われるか、そればかり意識して、言葉を選んで、先回りして、気疲れするばかりではないでしょうか。

本物の「謙遜」は相手を立てる為にある

本物の「謙遜」は、相手を立てるためにあります。

間違っても、先回りして自分を落として、相手の不興をかわす為ではないです。

たとえば、仕事で、上司よりも自分が評価されたとしましょう。

でも、仕事に関して、手取り足取り教えてくれた上司への尊敬と感謝があれば、「いいえ、僕自身は大したことはありません。みな、○○部長のおかげです」と言いますね。

それが本物の謙遜です。

お世話になった上司を立て、感謝の気持ちを表すためにある。

それに対して、自分のスーツを「素敵ね」と褒められた時、わざとケンソンして「安物ですよぉ」と、とりあえず空気を読んで答えるのは、後で「あの人、自惚れてるよね」とか陰口を言われるのを避けるためでしょう。

そういうケンソンは、相手の為ではなく、保身の為ですよね。

たとえ、贈り物をする時、「つまらないものですが」と相手に気を遣っているようでも、その実、後で相手に「あれだけ世話してやったのに、これっぽちか」と悪口を言われない為でしょう。

そんなの、謙遜でも何でもないと思いませんか。

でも、それを礼儀と思い、心とは裏腹なことを口にして、その場を取り繕っている限り、誰も幸せにはなれないと思うのです。

もっと、お互いに自分のことを胸張って語ればいいし、素直に認め合えばいい。

「あなたも凄いけど、私も凄い」

それだけで人間社会はずいぶん生きやすいものになります。

お互いにへりくだり、警戒し、先回りしても、消耗するだけ。

誰の得にもなりません。

本当の謙遜は決して消耗しないし、相手も自分も豊かな気持ちにするもの。

ただただ疲れるだけとしたら、それは本心ではないし、本物の人間関係ではないのです。

目次

作品にはハッタリも必要

とはいえ、日本社会では、自分を素直に表現するのは難しい。

ならば、せめてネットの中では、変にへりくだったりせず、また周りも貶めたりせず、堂々と作品を公開できませんか。

曲がりなりにも、必死で勉強し、一所懸命に作り上げたものを「拙い」なんて言っては駄目。

自分で自分の作品を愛さなかったら、誰が愛してくれるのでしょう?

作品にとっては、あなたこそ創造主たる神。

その神様であるあなたが、子である作品をけなしては、まるでママ友の集まりで我が子をけなす親のようですよ。

そんなあなたを「下手なくせに、自惚れて」とか言う人もあるかもしれない。

でも、そんな声は放っておけばいい。

自分で一度でもペイントソフトを立ち上げ、HTMLタグやFTP設定と格闘した人間なら、必ずその苦労が分かります。

それが分かる人に分かってもらえたら、上等じゃないですか。

「拙い」なんて言ったら、何時間もかけて作り上げたクマさんが可哀想ですよ。

時にはハッタリかますぐらいの強さがないと。

下手でも「オレは一流だ、文句あっか」のドヤ顔で振る舞っておれば、自然と周りもそうみなすようになります。大衆とはそういうものです。

ホームページの素材屋さんに限らず、漫画でも、詩作でも、皆さん、ドヤ顔で公開して下さい。

堂々とドヤ顔できるだけの手間暇をかけ、研鑽を重ねて下さい。

そうすれば、いつか「はったり」が本物になる日も来るかもしれません。

それが創作の面白さだと思います。

目次
閉じる