花嫁

自分の立ち位置で務めを果たす

君は逆立ちしても『普通の娘』にはなれないよ。

生まれも育ちも、そこいらの女の子とは違う。

たとえ量販店の服を着て、港町のスタンドバーでビールを飲んでも、君が普通でないのは誰の目にも分かる。

俺の母もそうだった。運河沿いの小さな家で暮らしていても、他とはどこか違ってた。

でも、それでいいんだよ。君には君の生き方があって、ポジションがある。

皆と同じ平原に降りてこなくても、君の立ち位置から務めを果たせばいい。

そして、俺もその方がきっと好きだよ。

海洋小説『曙光』 MORGENROOD (上) のボツ原稿

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

海

海岸に打ち付ける波の一つ一つにも生命の営みがある。 波は微生物や細かな堆積物を運び、海岸の地形や地質を少しずつ変えてゆく。 それは時に人間社会に不便をもたらすが、こうした変化があればこそ、自然のシステムは生き続けることができる。たとえ生きて […]

夜明け 断崖

自信は、相手より強いから、相手より優れるから、湯水のように湧いてくるのではありません。物事が上手くいかない時も、相手に負けた時も、どれだけ自分という人間を信頼して、これからも続けていけるかです。そういう心境になれば、勝ち負けは一つの結果に過ぎず、自分はプロセスを生きているのだという実感が湧きます。それこそが、自分の人生を愛することの意味なのです。

鉱業

「だが、なぜそんなにまでして海底鉱物資源の採掘にこだわるんだ? ネンブロットに行けば、全長三〇〇メートルの無人掘削機がガンガン露天掘りしてると言うじゃないか」 「それは一部の金属鉱山や、石灰や陶石や珪石みたいな非金属鉱床に限った話だ。希少金 […]