花嫁

自分の立ち位置で務めを果たす

花嫁

君は逆立ちしても『普通の娘』にはなれないよ。

生まれも育ちも、そこいらの女の子とは違う。

たとえ量販店の服を着て、港町のスタンドバーでビールを飲んでも、君が普通でないのは誰の目にも分かる。

俺の母もそうだった。運河沿いの小さな家で暮らしていても、他とはどこか違ってた。

でも、それでいいんだよ。君には君の生き方があって、ポジションがある。

皆と同じ平原に降りてこなくても、君の立ち位置から務めを果たせばいい。

そして、俺もその方がきっと好きだよ。

海洋小説『曙光』 MORGENROOD (上) のボツ原稿

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

恋愛 カップル

「あなたが好きなの。初めて会った時からずっと……自分でもどうしようもないくらいに」  彼は、ついに言われた──と思い、リズもとうとう言ってしまった──と感じた。 「……知ってたよ。最後まで気付かない振りをしようと思ってた。だけど君を見ている […]

若者の劣等感、敗北感、挫折感

盗人の烙印を押されたまま、誰にも信じてもらえず、故郷にも戻れず、世間を欺いた卑怯者として人々の記憶に残るぐらいなら、いっそこの世から消えてしまいたい――と思ったこともあったが、結局、その勇気もなく、負け犬みたいに拾われて、今は成功者の圧倒的な強さ(パワー)に打ちのめされるばかりである。

さんご

[su_quote cite=”曙光“] 歯痒い思いをしてるのはステラマリスの科学者も同じだ。予算がなければ調査船も出ない。それでも皆、生涯のテーマと定めた研究に懸命に取り組んでいる。お目出度いかもしれないが、人間の […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG