幸せの感じ方と心の空白に気付くこと

幸せの感じ方と心の空白に気付くこと

幸せの感じ方と心の空白に気付くこと

“私には、私の愛を糧にして生きてくれる人が必要だった。

貪りもせず、無駄にもせず、その全てを自分の血と肉にしてくれる人が。

どんな人間にも、魂に空白がある。

プラトン風に言えば、人は自分の魂の片割れを求めて彷徨っているわけだが、その空白に気付かなければ、片割れにも出会いようがない。

言い換えれば、自分の魂の空白に気付くことから幸福が始まるわけだ。

ところが、幾多の人が、その空白に気付きもしなければ認めもせず、無駄な回り道ばかりして人生を虚しくしている。

空白を意識するのが怖いからだ。

人間は自分の弱さや欠けを直視しないかぎり、決して幸せにはなれない。

幸せになるということは、その前に、非常に痛みを伴うものなのかもしれない。

初稿:2002年5月1日

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

くらげ

時が過ぎ、秋が深まる頃には、波に運ばれて、別のものに生まれ変わるのだろうか?それとも、海の見える所にずっと身を横たえたまま、少しずつ砂の上に崩れていくの──?

海岸

彼はまだ気難しい顔をして、口を一文字に結んでいたが、心は微かに波立っている。 今はそれで十分。  心が動けば、行動が生じる。 行動すれば、流れも変わる。 何かを感じ取ること。 それが全ての始まりだ。 曙光 MORGENROOD

アルファベット

皆さんには好きなアルファベットがありますか? 映画「フィフス・エレメント」では、主人公のブルース・ウィルスが、地球を救う“至高の存在”、美女リールーに「地球の歴史をどこまで学んだ?」と尋ねるシーンがあります。 リールーが、「『V』まで」と答 […]