ヴェルカ・セルデュチュカ

ウクライナのセクシー・パラパラ ヴェルカ・セルデュチュカ -裸が見える眼鏡-

ポーランドで人気のあるMTVはとにかくセクシーです。

女性シンガーがほとんど全裸に近いような姿で登場したり、脇で踊るお姉ちゃんのコスチュームが超ミニスカートにTバックのパンチラ……なんてのは基本中の基本だし、時には、男性シンガーまでお尻を出したりして、その熱さに圧倒されます。

(なぜそれほどまで色気を全面に押し出すのか・・・?)

ところで、ポーランドには、朝から晩までクラブ・ミュージックやラップなどを流しているVIVA POLSKAという番組があるのですが、最近(2007年)、よく放送されるのが、Verka Serduchka というゴツいおじさんのDancing Lasha TUmbaiというミュージック・ビデオ。

音楽や踊りは昔のパラパラ風で、特にどうってことないんですけど、日本のお笑い番組に出てきそうな銀のコスチュームと、「緑のメガネをかけたら服が透けて見えて、赤いメガネをかけたら真っ裸に見える」――という古典的ギャグが何とも面白くて、つい見入ってしまいます。

私が、こっちの文化が面白いなあと思うのは、ものすごく高尚なものと、品性下劣の一歩手前のような大人のギャグが共存している点なんですね。

こういうものが流れたとしても、ギャグはギャグとして受けとめ、理屈で考えない――とでも言うのでしょうか。

人間というのは高貴な部分もあれば、お下劣な部分もあって、それでいいじゃないか的な寛容さが、私は好きですね。

それにしても、「魔法のメガネを掛けると、服の中が透けて見える」というのは、どこの国でも男性の共通の願望なんでしょうかね。

どんなに表面を取り澄ましても、一皮剥けば、オレもお前も同じ人間じゃねえか、、という哲学をちょっと感じたりして。

まあ、そのように考えれば、意味深なビデオではありますな。

ともあれ、お楽しみ下さい☆

↓ 幼稚園のお遊戯会のような振付が可愛い。音楽もポップで一度耳にすると忘れられない^^;

ヨーロッパ・バージョンには『裸の見える眼鏡』は出てきません。厳しいからのぉ。

ウクライナにこんなオカマ系のアーティストがいる、ということ自体が面白かったりして。

ハラショー。

初稿 2008年11月28日

その他のセクシー系ビデオ

[custom-related-posts title=”” order_by=”ID” order=”ASC”]

Tags: ,

POPS・JAZZ・歌謡曲の関連記事

POLICE

オレより上手に歌うやつはたくさんいるが、オレのように歌えるやつはいない。歌に限らず、絵でも、ダンスでも、仕事でも、恋愛でも、自分より優れた人間はたくさんいるもの。──にもかかわらず、自分の持ち味を自分自身で理解し、それを「何ものにも恥じない」気持ち、それが生涯を貫く自尊心であり、揺るぎない自己への信頼、そしてこの世の中でしっかり生きて行く為の力の源になるものだと思います。

ハーブ・アルパート RISE

その昔、インターネットなどというものが無かった時代、受験生、もしくは試験前の学生は、ラジオを聴いて自らを慰めていた。 モノラル・スピーカーの向こうから時々ノイズ混じりに聞こえる、中島みゆきお姉さまやタモリのおじさま、笑福亭鶴光のヒワイな笑い […]

蝶 Meditacionessa

スペイン語で『蝶』を意味する本作は、宇宙的な広がりを感じさせるヒーリングミュージック。人間の魂の昇華をイメージさせるロマンティックな楽曲です。