ヴェルカ・セルデュチュカ

ウクライナのセクシー・パラパラ ヴェルカ・セルデュチュカ -裸が見える眼鏡-

ポーランドで人気のあるMTVはとにかくセクシーです。

女性シンガーがほとんど全裸に近いような姿で登場したり、脇で踊るお姉ちゃんのコスチュームが超ミニスカートにTバックのパンチラ……なんてのは基本中の基本だし、時には、男性シンガーまでお尻を出したりして、その熱さに圧倒されます。

(なぜそれほどまで色気を全面に押し出すのか・・・?)

ところで、ポーランドには、朝から晩までクラブ・ミュージックやラップなどを流しているVIVA POLSKAという番組があるのですが、最近(2007年)、よく放送されるのが、Verka Serduchka というゴツいおじさんのDancing Lasha TUmbaiというミュージック・ビデオ。

音楽や踊りは昔のパラパラ風で、特にどうってことないんですけど、日本のお笑い番組に出てきそうな銀のコスチュームと、「緑のメガネをかけたら服が透けて見えて、赤いメガネをかけたら真っ裸に見える」――という古典的ギャグが何とも面白くて、つい見入ってしまいます。

私が、こっちの文化が面白いなあと思うのは、ものすごく高尚なものと、品性下劣の一歩手前のような大人のギャグが共存している点なんですね。

こういうものが流れたとしても、ギャグはギャグとして受けとめ、理屈で考えない――とでも言うのでしょうか。

人間というのは高貴な部分もあれば、お下劣な部分もあって、それでいいじゃないか的な寛容さが、私は好きですね。

それにしても、「魔法のメガネを掛けると、服の中が透けて見える」というのは、どこの国でも男性の共通の願望なんでしょうかね。

どんなに表面を取り澄ましても、一皮剥けば、オレもお前も同じ人間じゃねえか、、という哲学をちょっと感じたりして。

まあ、そのように考えれば、意味深なビデオではありますな。

ともあれ、お楽しみ下さい☆

↓ 幼稚園のお遊戯会のような振付が可愛い。音楽もポップで一度耳にすると忘れられない^^;

ヨーロッパ・バージョンには『裸の見える眼鏡』は出てきません。厳しいからのぉ。

ウクライナにこんなオカマ系のアーティストがいる、ということ自体が面白かったりして。

ハラショー。

初稿 2008年11月28日

その他のセクシー系ビデオ

[custom-related-posts title=”” order_by=”ID” order=”ASC”]

Tags: ,

POPS・JAZZ・歌謡曲の関連記事

カエル

世の中、女性蔑視だ、差別だと、騒がしいですが、 ワタクシ、どう考えても、男性の方が大変と思うことが多いです。 男性には「お嫁さんになるの」という選択肢がないし、 何かあっても、誰にも同情されないから。 黙って立ってとれ、みたいな。 その点、 […]

女性

切ない曲調からは想像もつかない激しい歌詞。今更「すまない」と謝られてもね、あんたも川のように泣くといいわ、と男の不実を責める歌です。恋愛コラム『もっと恋に正直になろう』を併記。ジュリー・ロンドン、エラ・フィッツジェラルドの歌唱をSpotifyで、柳ジョージの歌曲をリンクで紹介しています。

バレンタイン・デー

本当の恋は、相手の変化を望まない。あるがままのその人を愛してやまないのである。