十字架を運ぶキリスト エル・グレコ

ヴィア・ドドローサ 悲しみの道

十字架を運ぶキリスト エル・グレコ

聖都イスラエルには、今も『ヴィア・ドドローサ』と呼ばれる路が残されいます。

ラテン語で「悲しみの道」を意味するこの路は、イエスが、ローマ総督の裁判により十字架を背負い、ゴルゴダの丘(刑場)まで歩いた道として知られ、今も年一回の聖金曜日には、世界中から巡礼者達が祈り歩きにやって来るそうです。

エル・グレコ 十字架を運ぶキリスト
エル・グレコ 十字架を運ぶキリスト

私がイエス・キリストの伝記を手にしたのは、子供の頃、チャールトン・ヘストン主演の名画『ベン・ハー』を見たのがきっかけでした。

あの凄まじい戦車レースの場面もさることながら、重い十字架を担ぎ、群集に罵られながら道を歩いていくイエス・キリストの姿(宗教的理由から、役者の顔は決して映りませんでしたが)が、子供心に強烈な印象を残したのです。

私は誕生日のプレゼントに子供向けの伝記を買ってもらい、ベッドの中で泣きながら読みました。

そして「私もクリスチャンになるぅ~」と言ったら、「うちは浄土真宗やからダメ」と一蹴にされました。
「うちらが死んだら、誰が仏壇と墓を守るんや」
というのが、親の言い分でした。

それでも私はイエス・キリストの心ひそかなファンでした。
前にも書きましたけど、その決然たる生き様に引かれるからです。
……聖書の教えには付いていけない部分もありますけど。

いつもいつも思うのは、イエスがどんな気持ちで重い十字架を背負って歩いて行ったか、という事です。
「これを丘まで運んだら、処刑は取りやめにするよ」とか
「見事に死んでみせたら、君の教義を認めるよ」とか
そんな希望やご褒美はどこにも無い。
ただ死ぬだけ。
死ぬ為に運ぶんだもの。
はっきり言って、嫌ですよ。

「何の為」、「誰の為」――
それより大事なのは、何が彼に「運ばせたか」ということです。

意地でしょうか。
ヤケクソでしょうか。
天使の力でしょうか。
死後の栄光ゆえでしょうか。

何であれ、生半可な気持ちでなかったことだけは確かです。

『人は皆、重い十字架を担いで、ヴィア・ドドローサを行くイエス・キリスト』

途中でうずくまる人――
十字架を降ろす人――
人に手伝ってもらう人―― いろいろですね。

肝心なのは、最後まで歩き切ることでしょう。大変でも。

初稿:1999年6月3日

Tags: ,

ギリシャ神話&キリスト教の関連記事

愛と疑いは一緒にいられない ~エロスとプシュケの寓話より~

ギリシャ神話のエロスは恋の矢で過って自分自身を傷つけ、プシュケに一目惚れします。二人は結婚しますが、エロスは決して自分の姿をプシュケに見せようとしません。不安になったプシュケはエロスとの約束を破って、その姿を盗み見てしまいます。怒ったエロスは「愛と疑いは一緒に居られない」とプシュケの元から去ってしまいます。疑えば、愛は去り、愛すれば、疑いは消える。目には見えない愛を信じることの難しさ。

人にあわれみをかけない者には、あわれみのないない裁きが下される

「人を差別するなら、あなたたちは罪を犯すことになり、立法によって違反者と断定されるのです。律法全体を守ったとしても、一つの点で落ち度があるなら、律法全部の点について有罪となるからです。人にあわれみをかけない者には、あわれみのないない裁きが下されます。あわれみは裁きに打ち勝つのです」ヤコポスの手紙 『差別に対する警告』 より。

キリスト教

何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことを思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことを思いわずらうな。空の鳥を見るがよい。まくことも刈ることもせず、倉に取り入れることもしない。それなのに、あなたがたの天の父は、彼らを養っていてくださる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。だから、明日のことを思いわずらうな。明日のことは明日自身が思いわずらうであろう。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG