自分が死んではつまらない ~死ねば可能性はゼロになる

締切堤防 天端
あなたに知って欲しいこと

自立前の子どもにとって、親に考えを否定されたり、願望を妨害されることは「親を殺すか、自分が死ぬか」というくらい深刻なものです。反抗やワガママと責めるのではなく、親の側にも非がないか、これまでの経緯を振り返ってみて下さい。子供が口答えする間は、関係修復のチャンスが残されています。憎悪が本物になれば、殺人や自殺といった最悪の転機を辿ります。

sanmarie*com 恋と生き方のエッセー

親を殺すか、自分が死ぬか

正面から親に逆らう勇気もなく、一方的に抑えつけられたり、人格や能力を否定されている人の場合、親殺しよりも、自分が死にたいと感じる人が圧倒多数でしょう。

何のトラブルもない人から見れば、何を大袈裟な……と思うかもしれませんが、自立前の子どもにとって、親に考えを否定されたり、願望を妨害されることは、「親を殺すか、自分が死ぬか」というくらい深刻なものです。

大人同士なら、交友関係を絶ったり、職場を変えたり、気晴らしに遠くに出掛けたり、どうとでも改善する術がありますが、子どもには何もありません。十分な稼ぎを得る経済力もなければ、一人で契約したり、証明したりする社会力もなく、寝泊まりできる場所も限られています。

ある意味、どこにも逃げ場のない囚人であり、毎日のように耳にする親の詰責や罵倒は、絶え間なく振り下ろされる鞭と同じです。心がぼろぼろに傷ついても、身を隠すこともできず、言葉で、時には暴力で、一方的に殴りつけられ、抗う術も持ちません。

それはまさに「親を殺すか、自分が死ぬか」の瀬戸際であり、たとえ肉体は生きても、心が死ねば、その後の人生は終わったも同然です。

しかし、死ぬ前に一度考えてみて下さい。

それは本当に死ぬほどの問題ですか。

本当にどこにも逃げ道がないですか。

無料公開はここまで

ここから有料です

この投稿は電子書籍、もしくは有料マガジンを購入された方向けのコンテンツです。全文を読むにはパスワードを入力して下さい。
パスワードが分からない方は、メールフォームよりお問い合わせ下さい。

締切堤防 天端

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。古典文学からJUNEまで幅広く親しむ雑食系。マダム・ナナとパピヨン・シルエットについて熱く語り合える友達を募集しています。東欧在住。

目次
閉じる