犬

僕の居場所 ~僕は淋しい野良猫~

犬

僕は淋しい野良猫で、帰る場所を探している。
いつでも、どこからでも、帰って行ける場所だ。

夕べ、犬に言われたよ。
「犬はどこででも眠ることができる。自由を愛しているからさ」

だけど帰る場所のない自由なんて、ただ浮いてるだけだ。
もし君が死んだら、君には泣いてくれる人がいるの?

次の日、交差点で、車に轢かれた犬を見た。

待つ人のない犬は、そこに放置されたまま、誰かに名前を呼ばれることもない。

ずたずたになって、跡形もなくなっても、次から次に人に踏まれて、静かに眠ることさえできない。

これが君の望む自由なら、僕は鎖で繋がれても、僕の帰りを待ってくれる人を探すよ。
二人の間が窮屈なら、鎖は幾らでも伸びる。
肝心なのは、その端っこを、誰かがしっかり握っていてくれることなんだ。

僕は交差点を通り過ぎると、大きな和菓子屋の軒先にうずくまった。

今はまだ誰に気付かれなくてもいい。
とりあえず空腹さえしのげれば。
たとえ雨に打たれても、百夜ぐらいなら一人だって平気だ。
僕はそんな夜にもうずっと馴れているんだ。

そして、いつか僕の帰る場所を見つけたら、僕はもう二度と自由を羨んだりしない。
いつまでも君の側にいるよ。
心地良い距離の間で。

記 2005年? 

いつ、何の目的で書いたのか、まったく記憶になし。

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

エディット・ピアフ

天国への階段は 悲しみと苦しみでできていると あなたは言った 幸せなんて 小さな踊場に過ぎないと 歌は 時に涙のように あなたの胸から零れ落ちる 葉の上の滴が その重みに耐えきれずに 滴り落ちるように だけど そんな哀しい響きさえ あなたが […]

カエル

君が周りの人に「死にたい」と言えば たぶん みんな 口を揃えて言うだろう 命を粗末にするな 人生を大切に生きろ と * でも  同級生にはいじめられるし やることなすことツイてない 好きな人には裏切られ 仕事もクビになった 努力すればいい、 […]

赤ちゃん

ユキちゃんの手。 生まれた時は、鶏の足みたいにシワシワで、 皮膚なんか今にも破けそうなぐらい薄かったのに、 今はおまんじゅうみたいにプリプリしているよ。 あんまり柔らかくて、温かいので、 いつも両のゲンコツにプチュプチュとキスすると、 甘い […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG