ヴォイチェフ・キラールの『ドラキュラ組曲』(フランシス・コッポラの映画)

今なお根強い人気を誇るフランシス・コッポラの映画『ドラキュラ』

この映画音楽も非常にドラマティックで、特にミナとドラキュラ伯爵の愛のテーマは白眉のもの。

作曲者は、ポーランド出身の『ヴォイチェフ・キラール』。

サウンドトラックとは別に『ドラキュラ組曲』が存在します。

地元の交響楽団のプログラムにも取り入れられています。

こちらは別の楽団の演奏ですが、コンサートホールで聴くと、グランドピアノや弦楽器が足元から響き渡るよう。

こちらが深く印象に残る愛のテーマ。

コッポラの『ドラキュラ』が成功した理由は、悪鬼で知られるドラキュラを「一人の男」──心ならずも神の教えに背き(妻の自殺によって)、愛に飢えて彷徨う、誇り高い貴族として描いている点でしょう。

ドラキュラにおける『血』とは『愛』。

孤独、寂寥、悲哀、絶望、嫉妬を「血への渇き」に喩え、悪鬼ドラキュラに人間の心のどうしようもない性(さが)を重ねた点に、儚くも美しいドラマがあったように思います。

ラスト、短剣で胸を貫かれたドラキュラが聖堂の天蓋を見上げ「神は何処に……」と救いを求める場面が非常に印象的でした。

そして、「あなたと血を分かち合い、あなたと同じものになる」というミナの願いも、まさに真実の愛。

撮影現場ではドラキュラを演じたゲイリー・オールドマンと、ミナを演じたウィノナ・ライダー(この頃が最高に美しかった)の仲が最悪だったという話もありますが、そんなことを微塵も感じさせないほど、官能的で、耽美の極みです。

一応、Spotifyのリンクも掲載。(日本で聴けるかしら?)

愛のテーマ =「Mina / Elizabeth」です。

日本のAmazonではMP3で視聴できます。興味のある方はどうぞ。

Kilar: Bram Stoker's Dracula / Death and the Maiden / King of the Last Days by 
 定価  ¥1,500
 中古 1点 & 新品  ¥1,500 から

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。普段はぼーっとしたおかあさんです。昭和の名作漫画はほとんど空で台詞が言えるほどの元祖ヲタ。車と猫が大好きな東欧在住。サイトでは作品紹介ではなく、作品を題材とした文芸コラムを掲載しています。

目次
閉じる