Google Photos 埋め込みコードを生成

Google Photo の埋め込みコードを生成してウェブサイトに貼り付ける方法

Google Photos 埋め込みコードを生成

プライベートの写真置き場としてGoogle Photosを利用している人も多いと思います。

以前は、ウェブサイトの埋め込みコードが取得できたらしいのですが、現在は共有リンクの取得のみで、埋め込みコードを生成することはできません。

そこで、CTRLQ.org の埋め込みコード生成機能を利用します。無料です。

GOOGLE PHOTOS
Generate embed code for any picture on Google Photos

https://ctrlq.org/google/photos/

1) Google Photos で共有リンクを取得する。

埋め込みたい写真を選択し、共有リンクをコピーします。

Google Phots 共有リンクを取得する

2)CTRLQ.org の埋め込みコードを生成する

PASTE GOOGLE PHOTOS LINK HERE… に共有リンクを貼り付け、GENERATE CODEをクリックします。

Google Photos 埋め込みコードを生成

埋め込みコードをコピー

クリックしたら、ページ下方にジャンプし、GOOGLE PHOTOS EMBED CODE の Image Embed Code をコピーします。

Google Phots 埋め込みコードのコピー

表示したい場所に貼り付け

表示したい場所に埋め込みコードを貼り付けます。


<a href='https://photos.google.com/share/AF1QipM7RAAL7t6JlaDzR3X0TiMUMzI3v-gf5EpCr8zGLHx7BsrCq2VqyyDK-O5Xghg1qA?key=SjRTLUZ0TDRRNnZCLXZLZncwckVrZDVCdWhKMW5R&source=ctrlq.org'><img src='https://lh3.googleusercontent.com/xKIJUOYNSQKjg95y3JkXC-oMq53oba1WNSi4yEexr-Mp7lp-4-58Ke13xSjm-d_RFl6QyiGF50xRWTjedybdYFPod8yyuN8Q7ii9Y56qPdpBYh4KNFgg-ej3fhaS8fT-NiolvEKk2w=w2400' /></a>

↓ こうなります。 ただし、a href のリンクタグを残している場合、閲覧者がフォトをクリックすると、写真のオーナーのGoogleアカウント情報が分かってしまうので、自身のGoogleアカウントを見られるのが嫌な方は、a タグを除去して下さい。下記の写真も、img src= のみで、 a タグを取り除いています。

意味が分からない方は、一度、Google アカウントからログアウトして、閲覧者からどんな風に見えるか、確認して下さいね。

リンク先は、任意のURLに指定することも可能です。

デフォルトでは、コード末尾”○○○=w2400”で、横幅2400に指定されているので、好みの大きさに書き換えて下さい。

たとえば、w300にすると、こんな風に小さく表示されます。

高さを指定する時は、h で指定します。 
写真は、h100 の場合。
指定サイズに合わせて、自動的に伸縮します。(比率はそのまま)

Google Photosからいちいちダウンロードして、WordPressにアップロードするのも面倒なので、埋め込みコードを生成すれば便利ですね。

ただし、a リンクを残したままだと、自分のGoogleアカウントまで丸見えになってしまうので、プライバシーが気になる方は、しっかり削除しておきましょうね☆

その他の埋め込みタグ生成サービス

こちらのBYTENBITにも同様の埋め込みコード生成サービスがあります。操作も非常に簡単。

BYTENBIT
https://app.bytenbit.com/

Google Photos 埋め込みコードを生成

Public album.orgでは、ギャラリーの埋め込みタグを生成してくれます。

埋め込みのサイズやデザインもカスタマイズできるので、便利。

https://www.publicalbum.org/blog/embedding-google-photos-albums

Google Album 埋め込みタグ生成

Google Album 埋め込みタグ生成

タグ: ,

関連する記事

WordPressの管理画面を見やすくする『Admin Column Pro』長寿サイトマスター向け

WordPressにクッキーポリシー(一般データ保護規則)を表示するプラグイン

LIONE MEDIA & LION BLOG ここがおすすめ

WordPressでウェブ小説を作る前に考えよう メリット&デメリット

THE THORで管理画面から投稿の検索ができなくなった場合の対処法