秀丸エディタで縦書き・段組で綺麗に印刷する方法 ~秀丸パブリッシャーの使い方

縦書き・二段組みで印刷する
ここでは秀丸エディタと無料ツールの秀丸パブリッシャーを使って、通常の縦書きテキストを二段組みで綺麗に印刷する方法を紹介しています。一太郎やWORDを使わなくても、見映えよくプリントアウトが可能なので、興味のある方は参考にして下さい。
目次

秀丸エディタで段組(二段)を設定する

秀丸エディタで、段組(二段)をすると下図のように表示されます。

一太郎やWORDのように、段組の間隔や文字数などを細かく調整することはできませんが、二段の方が全体を俯瞰しやすい方には非常に便利な機能です。

特に文章量が多いと、一太郎などはカット&ペーストの度にフリーズしまくるので、下書きや推敲には秀丸エディタの使用をおすすめします。

秀丸エディタで段組表示

秀丸エディタの段組設定

メニューの 表示 > 段組モード を開き、段組モードにチェックを入れます。

秀丸エディタ 段組のメニュー

段組モードに関する詳細設定は、メニューの その他 > ファイルタイプ別の設定 にあります。

2段の場合は『2』と入力。

秀丸エディタ 段組の設定

『詳細』で、PageUp / PageDown、カーソルの上下移動について、設定することができます。

秀丸エディタ 段組のカーソルの動き

秀丸パブリッシャーをインストール

次に、秀丸エディタの印刷拡張ツールである『秀丸パブリッシャー』の実行ファイルを下記URLよりダウンロードします。

あわせて読みたい
秀まるおのホームページ(サイトー企画)-秀丸パブリッシャー

特に複雑な操作は必要なく、実行ファイルをクリックして、通常の手順でインストールするだけです。

秀丸エディタに自動的に組み込まれます。

秀丸パブリッシャーのインストール

秀丸パブリッシャーの設定

用紙サイズとプリンターの設定

秀丸エディタのメニューから ファイル > 印刷 をクリックすると、自動的に秀丸パブリッシャーの設定画面が起動します。

最初に用紙サイズとプリンターの設定をします。

秀丸パブリッシャー 用紙の設定

ページ順序の設定

ページ順序の設定で、「普通」「奇数のページのみ」「偶数のページのみ」「奇数ページの印刷後、メッセージ表示してから偶数ページを印刷」「後ろのページから印刷」など、細かな設定が可能です。

秀丸パブリッシャー 印刷ページ順序

本文BOXの体裁を設定

本文BOX(本文が表示される枠)について、見映えを調整することができます。

上下左右の余白(マージン)、カラー印刷、フォント修飾の再現、編集記号の印刷、本文BOX内でのファイル名、およびページ数の印刷、行番号の印刷(行間の調整)などが可能です。

フォントも、エディタで使用しているフォントとは異なる、印刷用のフォントを指定することができます。

秀丸パブリッシャー 印刷設定の保存

段組の設定

印刷においても段組を適用する場合は、『段組』で、段組の数と、段組の間隔を設定します。

折り返し文字数も、「マージンいっぱい」「折り返し文字数を指定」「秀丸エディタと同じ」から選択することができます。

秀丸パブリッシャー 段組設定

縦書きモードの設定

印刷に縦書きを適用する場合は、『縦書きモード』で、縦書きを選択します。

秀丸パブリッシャー 縦書きの設定

印刷プレビューの確認

一通り設定したら、『プレビュー』をクリックして、プレビュー画面を開きます。

見映えを微調整する場合は、『レイアウト編集』、もしくは、『設定』で設定画面に戻ります。

秀丸パブリッシャー 印刷プレビュー

印刷の実際

印刷の実際。

縦書き・2段組で、ほぼ思い通りの印刷面に仕上がっています。

ページ数字の位置やフォントなど、微調整はできませんが、下書き用のプリントなら、この程度で十分ではないでしょうか。

秀丸パブリッシャーで印刷した原稿

縦書き・二段組みで印刷

関連記事 → 推敲はプリントアウトして俯瞰性を高めよう

秀丸エディタについて

秀丸エディタは、シェアウェアの金字塔というか、最も成功した個人ソフトウェア(商用)の一つではないかと思います。

歴史も長く、管理人さんもとても良い方です。私も何度か助けてもらいました。

今は無料のエディタも数多く出回っていますが、「縦書きができる」「現在も頻回に更新している」「マクロで拡張できる」という点で、他の追随を許さぬ高機能+信頼度です。

しかも、ここ十数年の間に、ほとんど値上げしてないというお釈迦さまぶり。(私が購入した時、4000円。今やっと4400円)

「エディタなんて無料でGetできるのに」と思っている方でも、大満足の4400。

とにかく安定してるし、テキスト処理が早いです。

一人でも多くの人が購入して、サービスを買い支えて下さらないと、私のような古参ユーザーも、「もしも」の時に困りますので(多分、後継者はおられると思いますが)、興味のある方は、まずは試用してみて下さい。よろしくお願いします。

あわせて読みたい
秀まるおのホームページ(サイトー企画)-秀丸エディタ
目次
閉じる