NO IMAGE

小説サイトにGoogle AnalyticsよりMatomoアクセス解析をおすすめする理由

NO IMAGE

Google Analyticsのリファラースパムが酷い

WordPressで小説サイトを構築している方の大半は、アクセス解析にGoogle Analyticsを導入されていると思います。

しかし、近年、リファラースパムやボットによるデータ攪乱がひどくないですか?

一説によると、解析用のトラッキングコードをheaderから収集して、総当たりで攻撃をしかけているそうです。
UA-○○○○○-1、UA-○○○○○-2、UA-○○○○○-3…という感じで総当たりすれば、どれかにはヒットしますしね。

私もGoogle Analyticsのフィルタで排除していましたが、毎日、異なるリファラースパムがやってきて、その度にフィルタ設置するのも超面倒でした。

最近では、見慣れぬhtmlページを勝手に仕込んで(サーバーではなく、データ上に)、ページビューや滞在時間などをめちゃくちゃにする、手の込んだスパムも登場して、正直、何の役にも立たない解析に成り果てました。

数時間の間にトップページだけ数百もアクセスがあったり、誰も興味を持たない泡沫記事に100以上のダイレクトのアクセスがあったり。到底、素人の手で対処できるものではありません。しぶしぶトラッキングコードを変えて、タグを設置しなおしても、10分後にはリファラースパムが連続アクセスする有様で、もうこれは逃れられないと観念。

WordPressの防御プラグインもいろいろ試しましたが、結果は同じ。
メールフォームやコメント欄、悪質なログインなどはブロックできても、リファラースパムだけはどうにも防ぎようがないです。

↓ ページビューの一位が存在しないhtmlってどういうこと??
Google Analyticsのリファラースパム

↓ こういうのが毎日、異なるドメインで大量にアクセスする

Google Analytics リファラースパム

アクセス解析をMatomoに変える

そこで試したのが、オープンソースのアクセス解析プラグイン Matomo 以前の名称は piwik です。

アップロードするファイル数は約46MB、決して少なくないですが、数年前とは比べものにならなほど作業が簡素化され、データベース名などを間違えなければ、5分で開設できます。

設置方法については、こちらのサイトに詳しく解説されていますので、この通りにすれば大丈夫です。

MATOMO(旧Piwik)のインストール方法から設定まで徹底解説(アフィリエイトブログの始め方-月収100万円稼ぐまでの道のり)

ファイルのダウンロードは https://matomo.org/download/ から。

Instlation guid がマニュアルですが、英語が苦手な方は上記サイトに記載されている通りにやれば大丈夫です。

ざっくり言えば、「ファイルのアップロード」→「データベース名、ユーザー名、パスワードの入力」、それだけです。

MATOMO インストール画面とドキュメント

またWordPressユーザーには、Matomo専用のプラグインもありますので、管理画面でデータ表示したい方はこちらをご利用下さい。

WP-Matomo (WP-Piwik)

Matomoインストールのコツ

手順は次の通りです。一番手間がかかるのは、FTPを使ったファイルのアップロードです。容量=46.7MB(エクスプローラのプロパティ)

1. データベースを作成する
2. サーバー情報、データベース名、データベースのユーザー名、パスワードをメモしておく
3. FTPを使って任意のディレクトリにアップロード。バイナリモードで転送する
4. マニュアル通りにデータベース情報を入力する

1. データベースの作成

通常の手順でデータベースを作成。

ただし、エックスサーバーの場合、WordPressをインストールしなければ、使用中であることを示す[*]のマークが付かないので、後々、うっかり削除してしまわないよう、分かりやすい名称を付けることをおすすめします。

メモしておくのは、データベース名、データベースのユーザー名(アクセス権所有ユーザ)、ユーザーのパスワードです。

データベース名とユーザー名

サーバー情報を求められますが、エックスサーバーの場合、管理パネルに表示されるサーバー情報ではありません。

コレではありません↓
管理パネルに表示されるデータベース名とユーザー名ではない

phpMyadmin の上段に表示される、こちらの名称です。私はこれが分からなくて、データベースへの接続エラーを生じました。
何度もエラーを出すと、エックスサーバーからシャットアウトされるので、気を付けて下さい。

上段に明記されたサーバーの名称が正解

phpMyadminのデータベース名を入力

もしかしたら、私の環境だけかもしれませんが、データベースの接続エラーを出した場合は、たいてい、サーバー情報が間違っていると思います。

3. FTPでファイルをアップロード

FTPでファイルをアップロードする場合は、FTPに備え付けの「ホームページ転送モード」とか「同期モード」などを利用しましょう。一つでもファイルが落ちると動作しません。

転送する際は、必ずバイナリモードに設定して下さい。「自動判定」では、config.ini などにエラーを生じることがあります。

FTP転送はバイナリモードが必須

ディレクトリ名は何でもOKです。

FTP転送

ファイルのアップロードが完了したら、念のため、robots.txt でボットを遮断しましょう。

User-agent: *
Disallow: /インストールしたディレクトリ名/

4. マニュアル通りにデータベース情報を入力する

データベース情報に間違いがなければ、とんとんと進みます。

もし、エラーが表示されても、メッセージに従って修正すれば、上手くいきます。ファイルが正常にアップロードされていれば、めったなことは起きないはず。

サイトURLがSSLでhttps:// に設定している場合、画面下方にメッセージが表示されると思います。

ここをクリックして下さい、みたいなメッセージに従ってクリックすれば、自動的に解決されますので、ご安心を。(ここはキャプチャを取り忘れました)

Matomoの分かりやすいビジターログ

まずはデフォルトの状態でスタート

あとはガイダンスに従って、サイト名やURL、管理者、ログイン情報などを一つずつ設定します。

設定する箇所が多いので、最初は戸惑うかもしれませんが、まずはデフォルトで開始して、要領が分かってきたら、少しずつ自分仕様にカスタマイズしましょう。

管理画面のメニュー

WordPressと同じようにプラグインをインストールして機能を拡張することもできます。

最初におすすめしたいのがBot Tracker

全体の設定メニューから『プラグイン』を選択し、設定画面を下方にたどって、『新しいプラグインをインストール』をクリックします。

プラグイン管理メニュー

プラグインのインストール

プラグインの一覧が表示されますので、Bot Trackerを探して、インストールして下さい。

青いボタンに値段が表記されているもの以外は無料です。

BotTrackerのインストール

インストールすれば、『システム』にBot Trackerのメニューが追記されるので、そこから詳細設定をします。

BOTトラッカーの詳細設定

訪問者のプライバシーを守る

訪問者の個人情報の取り扱いは年々厳しさを増しています。

ユーザー情報が丸見えになるのは、解析する側も気分のいいものではありません。

『プライバシー』→『データの匿名化』で、IPアドレスは匿名に設定することをおすすめします。

トラッキングデータの匿名化

こちらは、ユーザーIPアドレスの下二桁を 0.0 に設定し、匿名性を高めています。

ユーザーのIPアドレスのマスク

他にも細かな項目がありますが、まずはデフォルトの状態で使ってみて下さい。

閲覧の流れを確認したいだけなら、匿名IPで十分です。

またユーザー情報やアクセスデータも自動削除することをおすすめします。データの軽量化にも繋がります。

単純に、ページビューやダウンロード数だけ確認するなら、日々のレポートで十分です。

Matomoでわかること

多分、小説サイトで一番気になるのは、読者さんの導線だと思います。
どのページを、何分ぐらい読んだか、商品リンクの参照やダウンロードはしてくれたか、といったことです。

Google Analyticsの場合、各投稿のページビューは分かっても、導線までは見えにくいですよね。

また、商品リンクの参照(クリック)や、無料サンプルのダウンロードなど、ユーザーイベントは、Google Analyticsでも取得はできますが、プラグインを導入したり、解析コードをカスタマイズする必要があるので、初心者にはなかなか敷居が高いです。

Matomoの場合、デフォルトでデータを取得してくれるので、便利です。

たとえば、皆さんが一番知りたいだろう、ビジターログ。

アクセス経由、利用中のデバイス、閲覧されたページ、滞在時間などが一目瞭然です。

ビジターログで詳細なページ閲覧の記録がわかる

ビジターのプロフィールも、一応、一人一人が独自IDで分類されますが、匿名IPの為、どこの誰かは全く分かりません。
独自IDも、リピートの有無を調べるのがメインで、個人情報を特定する為のIDではないです。
小説サイトなら、何がどれくらい読まれたか、ダウンロードや商品リンクのイベントは発生したか、が一番重要ではないでしょうか。

ビジターのプロフィール

またビジターログのフィルター機能で、メインコンテンツの動向も分かります。

たとえば、当サイトは、/morgen/ というディレクトリに小説コンテンツを置いていますが、アクションURLにmorgenを「含む」に設定して、フィルタリングをかければ、メインのコンテンツがどんな風に読まれたか、正確にトラッキングすることができます。

フィルタ機能には、イベント、リファラー、最初の訪問からの日数、滞在時間など、細かな設定が可能です。

Google Analyticsの場合、漠然としたページビューや滞在時間しか分かりませんが、Matomoなら、目的のコンテンツにフォーカスして、滞在時間やリピート率などが割り出せるので、PV数よりも、熟読率、リピート率重視の方には、よりモチベーションアッ
プに繋がるのではないでしょうか。

ビジターログのフィルター機能

ビジターログのフィルター機能

『行動』では、ページビュー、入り口&出口ページ、サイト内での検索、ダウンロード、外部リンクへのジャンプなどが把握できます。

行動のトラッキング

『集客』では、検索エンジン経由、ソーシャル経由など、訪問者がどこから来たかを表示。

集客

『ビジター』では、訪問者の使用しているデバイスやブラウザ、滞在時間などが分かります。

ビジター情報

たとえば、外部リンクのクリック。これはAmazonの商品ページにジャンプしています。
どの記事からジャンプしたか一目瞭然ですね。
小説サイトで販売を主目的にしている場合、プロモーションの参考になると思います。

Amazon商品リンクにジャンプ

別のチェック項目ではリスト化。

外部リンクがクリックされた一覧

こちらはダウンロードの履歴。
データは画像リンクですが、当サイトはズーム機能を導入しているため、画像拡大=ダウンロードとしてカウントされているようです。
画像のパクリが気になる方にも参考になると思います。
小説サイトで無料サンプルを配布している方にも状況把握に便利ですよ。

ダウンロードのクリック

ページをたくさん見てくれた人は、どこからどこへ移動したかも一目瞭然。

小説サイトで、連続シリーズを掲載している方にも参考になりますね。

最初の1ページで離脱されるのはショックも大きいかもしれませんが、これも修行のうちですよん。

何十ページも見てもらえたアナタは、おめでとうございます。

ページのアクセスログ

コンテンツより導線が大事かも

Google Analyticsを導入しなければ順位が下がる?

そんなことはないです。

当サイトはMatomoを導入して半年以上になりますが、何も変わりません。

恐らく、個々のサイトの評価は、AdsenseやSearch Consoleなど、いろんなツールの情報を統合しているので、Analyticsを使わないことが、即、サイトの低評価に繋がることはないと思います。

そもそもAnalyticsは解析ツールであって、サイトを上位表示させる為のサービスではありませんのでね。

ちなみに、海外のサイト運営者でも、I don’t use Google Analyticsを宣言している方は少なからず存在します。

Google Analyticsの主目的は、サイト運営者に利便を提供することではなく、ネットユーザーの行動を追跡することが第一義であり、サイト解析云々は、その見返りに過ぎないからです。

いわば、サイト運営者には「Google Analyticsを導入すると、訪問の様子がよく分かるよ。アクセスアップに繋がるよ」と促して、世界中のウェブサイトにGoogle Analyticsの解析タグを貼り付けさせるのが目的なんですね。

それならMatomoを使っているサイト運営者だって、ユーザー情報を取得している時点で同罪じゃないか……と思うかもしれません。

しかし、訪問者情報を第三者にも提供し、グローバルに商用利用するのと、個人商店が顧客管理に利用するのでは、まったく重みが違うでしょう。
少なくとも、個人商店が顧客情報を売り渡して巨利を得ることはないと思います。

仮に有料ツールなどを用いて、キーワードの取得や完全なIPの追跡、デバイスやブラウザなどの情報などを詳しく知り得たところで、一般のサイト運営者には何のメリットもないですし、悪用すれば、自分が違法行為で訴えられるだけ。

良識ある運営者なら、せいぜい、よく使われるデバイスに併せて、サイトデザインを改良したり、ユーザーの導線を参考に、メニューやバナーの配置を工夫する程度だと思います。

個人サイトに限れば、Google Analyticsで詳しいユーザー属性を知ったところで大差はないし、かえってリファラープラスや漠然としたPV数に振り回されて、時間を無駄にするだけではないでしょうか。

その点、Matomoは、自分の一押しの投稿がたくさん読まれたとか、無料サンプルをダウンロードしてもらえたとか、小市民的な悦びに溢れていますので、Google Analyticsよりモチベーションアップに繋がると思います。

ファイルをアップロードしたり、データベース名を入力したり、ちょっとばかり手間はかかりますが、日々リファラスパムに苦しめられている方、本当に求めるデータが得られないとお悩みの方は、これを機会にMatomoに乗り換えてはいかがでしょうか。

タグ: ,

関連する記事

特定のアイキャッチ画像だけを理想的に切り抜くプラグイン『Crop-Thumbnails』

WordPressのデータを手軽に取り出す『Simple CSV/XLS Exporter』

LION MEDIA のカスタム投稿タイプ向けカスタマイズ

Uploadsフォルダの不要な画像を一括削除する方法 プラグイン使用

WordPressの管理画面をカラフル&すっきり『Colorize Admin』