パクリ&コピペ防止

パクリ&コピペ防止 <object>要素を使った小説と画像の公開方法

パクリ&コピペ防止

自作の小説やイラスト画像をネットで公開したい。でも、パクリやコピペは怖い。

どこを、どうカスタマイズしても、パクリやコピペを100%、完璧に防ぐことはできません。

しかし、コンテンツセキュリティを高めることはできます。

ここでは 要素を使った方法をご紹介します。

画像上での【右クリック禁止】と組み合わせることで、マウスを使ったコピー&ペーストやダウンロードは防ぐことができます。

興味のある方はお試し下さい。

スクリーンショット はどうにも防ぎようがないですが、ウォーターマークの挿入や著作権表示でかなりの抑止力になると思います。

object要素について

object 要素とは、外部コンテンツ(画像、動画、音声、Flash、ドキュメントなど)をHTML内に呼び込む要素です。

一般には、embed タグが知られていますが、代替テキストを表示して、検索エンジンにアピールしたい場合は、 object 要素が便利です。

株式会社クロノドライブ

「EMBED」とは「enbedding(埋め込み)」の略で、文書内に音声や動画などのデータを埋め込むためのタグです。本来…

object要素の使い方

上記サイトのChronoDriveのobject解説で紹介されているように、基本のタグは次の通りです。

<object data="sample.gif" type="image/gif" width=120 height=240>代替コンテンツ</object>

これを応用して、縦書き原稿をPDFの画像として表示します。

ファイル表示には、OneDriveの【埋め込み】を使用します。

PDFから画像をエクスポート

まず、一太郎やWORDをPDF形式で出力(PDF印刷)して、さらに画像としてエクスポートします。
(フリーのPDFツールには、エクスポート機能が付いていない場合があります。 PDFをよく利用する方は機能が充実した有償版を購入されることをおすすめします)

画像の大きさやウォーターマークの挿入などは、ウェブサイトのデザインやブラウザの条件に合わせて、都合のいいようにカスタマイズして下さい。

一つの考え方として、簡単に印刷できないように、用紙サイズをオリジナルの非定型に設定する方法があります。(A4やA5だと、簡単に印刷できるが、用紙サイズが非定型だと、プリンター設定で躓く為)

縦書き原稿をPDF印刷し、画像としてエクスポートする

OneDriveの埋め込み機能を使う

エクスポートした画像は、OneDriveにアップロードして、【埋め込み】をクリックします。

OneDrive ファイル埋め込み機能

『この写真を埋め込むHTMLコードを生成』→『生成』をクリック。

OneDriveの埋め込みタグを生成

生成された埋め込みようタグをコピーして、object 要素に挿入します。

オブジェクトの埋め込みようタグを生成

挿入するサイズは四種類の中から選べます。

埋め込むサイズを選択

object タグの基本形を次のようにアレンジ。

width と height を100%に指定すれば、ブラウザの大きさに合わせて、画像もレスポンシブル表示されます。

oncontextmenu=”return false; で、画像上の右クリックを禁止します。


<object data="https://gv2mow.db.files.1drv.com/○○" type="image/jpg" width="100%" height="100%" oncontextmenu="return false;">代替コンテンツ</object>

代替コンテンツの設定

縦書き原稿の場合、『代替コンテンツ』に画像内(文書)のテキストを設定することができます。

テキストは、検索エンジンのbot に読み込まれ、検索結果にテキストとして表示されます。

つまり、botにはテキストを認識させ、人間の目にはテキストを読ませないことができるわけです。

まあ、ブラウザの「ソースを表示」の機能を使えば、テキストも人間の眼で目視できるわけですが、モバイルでユーザーでこの機能を使いこなせる人は少数だし、PCユーザーでも、そこまで手間暇かけて、テキスト収集する人も希有だと思います。WordPressの場合、ヘッダーの読み込みだけで結構な労力ですしね。

心配な場合は、テキストの一部だけ設定すればOK。

ただし、きちんとした文章でないと、検索エンジンには認識されませんし、下手にキーワードを詰め込むと、スパムだと思われるので、そこいらは匙加減で。

ちなみに、『代替コンテンツ』は、画像、動画、音声など、文字化できないコンテンツに便利ですね。

画像や動画をアップしても、検索エンジンに拾ってもらえるのは、せいぜい、タイトルと説明文ぐらい。

検索botにがっつり認識させるのは難しいでしょう。

でも、代替コンテンツを使えば、画像、動画、音声の内容をテキスト化できるので、たとえば、ショートムービーのシナリオを掲載したり、歌曲の歌詞を掲載したり、いろんな使い途があると思います。

また代替コンテンツは、音声読み上げブラウザにも対応しているそうなので、視覚障害者にもアピールできるかもしれません。

代替テキストに原稿のテキストを設定

この検索結果のスニペットに表示されているテキストは、ブラウザ上には存在しません。
代替コンテンツとしてobject要素に挿入しています。

代替コンテンツとして検索結果にテキストを表示

出来上がりは、こちら。

PCブラウザの場合

PCブラウザでの埋め込み表示

モバイルの場合。画面の大きさに合わせて画像が縮小されてます。

モバイルでの埋め込み表示

サンプルページで動作確認をどうぞ。画像の上で右クリックしてもメニューは表示されません。

文章のリライトにお気を付け下さい

画像のコピペも深刻ですが、文章もジャンルによっては滅茶苦茶にやられます。

今はリライトツールが発達して、機械的にウェブサイトをクロールし、語尾や単語の並びだけを変えた文章を何万と量産できるので、カード、美容、転職、恋愛、育児など、広告代の稼げるジャンルは狙われやすいです。

画像の場合、コピペはすぐに分かりますが、文章の場合、語尾や単語の並びを変えれば、それと気付きません。

・ フラフープを20分間回すだけで、200キロカロリーを消費することができます。

・ 20分間、フラフープを回すだけで、200キロカロリーを消費できます。

「偶然に似た」と言われたら、それまでですから。

かといって、全てに鍵を掛けてしまえば、誰にも伝わらないし。

大事なコンテンツは、精一杯、自己防衛するしかないです。

上記の方法が参考になれば幸いです。

タグ: ,

関連する記事

小説の執筆は、情報収集が8割 書くのは2割

カテゴリー内の記事並びを更新日順にする方法 functions.phpの記述

語彙と類語の増やし方 『辞典ブラウザ』の検索のコツ

小説サイトにGoogle AnalyticsよりMatomoアクセス解析をおすすめする理由

ベートーヴェンのCDはシンフォニーホールで売れ – 未来の顧客は『沈黙の層』にあり –

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録。

CTR IMG

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function WP_Optimize() in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php:136 Stack trace: #0 [internal function]: wpo_cache('\r\n<!DOCTYPE htm...', 9) #1 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/functions.php(4344): ob_end_flush() #2 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(286): wp_ob_end_flush_all('') #3 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(310): WP_Hook->apply_filters('', Array) #4 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/plugin.php(465): WP_Hook->do_action(Array) #5 /home/marier/novella.works/public_html/wp-includes/load.php(954): do_action('shutdown') #6 [internal function]: shutdown_action_hook() #7 {main} thrown in /home/marier/novella.works/public_html/wp-content/plugins/wp-optimize/cache/file-based-page-cache-functions.php on line 136