海 波

そして今年も暮れゆく 生まれ変わる朝と感謝を込めて

海 波

そして今年も暮れゆく・・

何かあったような気もするけど
何があったのか
今はもう、よく思い出せない。
それだけ過去が遠ざかるのが早い。

一瞬、目の前が暗くなって
夜より深い闇を体験することもあるけれど
目覚めた後は、いつも前より眩しい光の中にいる。

だけど不思議と答えが分かるのは
あの闇の最中なのだ

あの日も私は夜中に目を覚まし
何処からか呼びかける声を聞いた
「自分を完成させる為に生きているのよ」――

きっと人は一生かけて
自分の足りない所を補いつつ
自分を磨き上げていくのだろう
それこそが人生の意義だと分かったら
余計なことで心を悩ませている自分がアホらしくなった

そして世界にはその一点に集中して
生きている人がたくさんいる
自分を完成させる為に 懸命に生きている人が

追い求めているのは利益でも形でもない
自己実現だ
そしてそれこそが本当の「仕事」なのだ
だから人生への気概や情熱が生まれる

そう思って世界を見れば
全てが新たに生まれ変わる

それまで理屈に過ぎなかった世界が
夕べ 私の心になった

どうしても入れなかった世界観が
私のものになった

その後 私はどうしたと思う?
一気に35パーツ クリアしたのよ
2年間 分からなかった課題が一夜にして解けたの

自分でも夢のようだった

でも こうした小さな奇跡がちょくちょく起こるから
止められないし
人生もまた楽しいのよね

一粒の薬より ちょっとした優しさで
多くのものが救われる
時には私自身がそれを求めることもある

ありきたりの御礼なんて言わない
それに勝る宝が他に有るから

そうして私はもう一度
スタートラインに立ち
新しい水平線を見つめる
真っ新な心で
新たな眼差しで

もうその他のことは どうでもいい
今はただ自分を磨くだけ

明日のことは 明日が決めるし
またFortunaの気が向けば
自ずと時機は訪れるでしょう

・・だけど本当にありがとう・・

初稿:1999年12月27日

Tags: ,

詩想と引用の関連記事

銀河

『善行を積めば、あの世にとこしえの幸せが用意されている』というファンタジーは、名も無き善人にとって、最後に残された砦といえる。 現世で栄耀栄華を味わっている人は、あるかどうかも知れない『あの世の幸福』とやらに何の興味も持たないだろうし、それ […]

NO IMAGE

陽が当たりそうで 当たらない そんな暗闇を生きている 生きることに意味があったのは 言葉も知らぬ 無垢な頃 何が私を変えたかは もう遠い昔のことなので 語る気にもなれない せいぜい 渇いた道すがら 蜃気楼のように 夏の陽を思い出すぐらいで […]

形に表わして初めて、思想は思想の、愛は愛の意味を成す

偉大な思想も、人類への愛も、ただ心の中に持っているだけでは意味がない。形に表わして初めて、思想は思想の、愛は愛の意味を成す。何事も心に持っているだけでは始まらない、の喩え。